役立つ知識

孤独感を強めるスマホの使い方がわかった件

孤独がメンタルに悪いと言うのは皆さんもわかっている事でしょう。

もともと人間は人と協力しあって生き延びてきた生物なので、人とつながることで幸せになる性質があります。

しかし、文明が発展するにつれて1人でも生きていけるようになりました。

それに伴い孤独の割合が増え、あらゆる病気を引き起こしています。

そこで最近発表された研究によると、孤独感を減らすことができる!となっていてナイスでした。

孤独感を加速させるもの。それはSNS

ペンシルベニア大学の研究でして、大学生143人を学生を2つのグループに分けました。

  • SNSをいつも通り使用するように言われたグループ
  • SNSの使用時間を1日30分に制限するように言われたグループ

 

そして、3週間追跡調査すると、SNSを1日30分に制限したグループは、

  • 不安感の減少
  • 孤独感の減少

 

が見られました。研究者いわく、

いつもよりもSNSの時間を減らすことでうつ病と孤独の両方が大幅に減少するでしょう。

この影響は、うつ病に苦しんでいた人たちには特に顕著に見られました。

 

以前にも、スマホを1時間以上使用すると幸福度が下がると言う研究結果がありました。

この研究では、SNSを使うのをやめるべきではない!と提唱しております。

SNSをやっていないと話についていけない面もありますし、全くやらないのは得策ではないってことでしょうね。

会話についていけてないと仲間外れになりますもんねー。

なぜSNSは孤独感を加速させるのか?

なぜSNSが孤独感を加速させるのかといいますと、社会的比較が大きくなるからです。

SNSを見ると、友達の幸せな投稿が目に入ってきます。

すると、今の自分の現状と比べてしまうのです。

例えば、

「Aちゃんは彼氏とディズニーランドへ行っているんだー。それに比べて私は1人でカップラーメンを食べながらテレビを見ている…」

このように考えてしまうと、友達がたくさんいるにもかかわらず、あたかも孤独であるように感じてしまうのです。

カップラーメン食べながらテレビを見るのが至福の時間であるならば話は別ですがね。

ちなみに私は本を読んでいる時が至福の時間なので、リア充投稿にはあんまり影響されませんがねっ!(言い訳)

教育に応用すると?

①スマホの使用時間は減らしたほうがいいが、特に減らした方が良いのはSNS。

 

② 子供たちが、不安や孤独感を抱いているなら、SNSの使用を減らすことを勧めてみよう。

 

③ 仕事でうまくいかない時ほど、SNSは極力見ないほうがいい。SNSは仕事がうまくいっているときにみましょう。

 

テレビを見ている分には、芸能人が充実した生活を見せているだけなのであまり問題はなかったんですが、

今や自分に似た人が自分よりも幸せな経験をしているところを目の当たりにしてしまうので、余計比べちゃうんですよね。

比べるとしたら自分よりも下の人と比べるとメンタルが安定するので、「自分よりも不幸な人はたくさんいる!」と考えてみてはいかがでしょうか。

不健全かもしれませんが、心の健康保つためには必要です。

 

って事で、SNSは1日30分で話でしたー。

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Melissa G. Hunt, Rachel Marx, Courtney Lipson, Jordyn Young(2018).No More FOMO: Limiting Social Media Decreases Loneliness and Depression

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。