役立つ知識

謙虚すぎは嫌われちゃうぞ!って研究

日本人はあまり自慢することを好みません。

そのため何か成功を成し遂げてもそれを多くの人に自慢するのではなく、あたかも大したことがないように説明します。

しかし最近の研究によると、度が過ぎた謙虚さは自慢よりも良くないそうです。

謙虚は自慢よりも好まれない

2018年の研究によると、謙虚なメッセージはあまり好まれず信頼性が低くなることがわかりました。

被験者に以下の2つのメッセージを見せまして、

  • え?髪型が整ってるって?今日は朝から髪の毛をセットしてないからあまり見られたくないわ。
  • 有名大学を2つ卒業すると寄付を求める電話が増えて困るよー。本当に厄介。

 

前者は謙虚なメッセージ。後者は自慢と不平不満をセットにしたメッセージ。

そして被験者にこの2つのメッセージを評価してもらったところ、2つ目のメッセージの方が好印象でした。

謙虚に振る舞うことよりも、自慢+不平不満をセットにしたほうが好印象なんて面白いですねー。

人は謙虚なメッセージの方がいいと思っている

研究では謙虚なメッセージが好ましいかどうかのアンケートも行っておりまして、

  • 自分の業績を披露したいけれどもあまり大きくは見せたくない!

 

との傾向があることがわかりました。研究者いわく、

人はSNSや日常生活の中で謙虚な姿勢を示す事は効果的な自己宣伝戦略だと信じている。

しかし我々の研究によると、人々は謙虚な人を嫌い、侮辱する。

日本人には悩ましい問題ですねぇ…

 

教育に応用すると?

①度が過ぎた謙虚は相手から好印象を持たれにくいのでほどほどにしましょう。

 

②相手が褒めてくれたら感謝して認め、その功績は自分以外の人の支えによってもたらされたことを強調しましょう。

 

③どうしても自慢したいなら、自慢の後に不平不満をつけておきましょう。

Ex年収1000万を超えると欲しいものがなくなって困るんだよぉ…。

否定じゃなくて一部を認めるようにすれば問題ないんじゃないでしょうか。

 

って事で、度が過ぎた研究は逆に嫌われるぞ!って話でしたー。

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Sezer, Ovul,Gino, Francesca,Norton, Michael I.(2018). A distinct—and ineffective—self-presentation strategy.

Designed by Senivpetro

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。