教師向け

グループの成果を最大化するリーダーの知識レベル

先生はある意味クラスのリーダーと言えるでしょう。

リーダーの振る舞いによってグループの成果が決まってくるのは言うまでもありません。

ではリーダーの知性はどれ程重要なのでしょうか。

リーダーは馬鹿な方がいいの?それとも天才の方がいいの?

リーダーの最適IQは118

今回の研究は、7つの多国籍企業で働いている379人の中間レベルのマネージャーを調査したものになります。

日本で言うところの課長さんですかね。で、この調査の結論を先に言ってしまいますと、

  • リーダーのIQが高くなるほど優れた成果を出せたが、IQ 118以上になると成果が下がってしまう。

 

頭の良い人がグループの指揮をとると、的確に指示を出せたりうまくバランスを取ることができるので優れた成果が出せるんだ、と。

そりゃそうでしょ!って感じですが。

面白いは、IQ118以上になると逆にグループの成果が下がってしまう事。

IQ 118と言うと、上位約20%でして、偏差値で言うと57以上ですかね。IQと偏差値はイコールではありませんので、あくまでざっくりとした指標としてお考え下さい。

なぜ頭がよすぎるとグループの成果が下がってしまうのか?

主な理由として研究者が挙げていたのが、

  • 頭がよすぎると、自分よりも頭が良くない人が抱える課題を理解するのに苦労する。
  • 頭がよすぎると、使っている言葉が難しいためコミニケーションに支障が出る。

 

どちらもあり得ることなんじゃないかなと思います。

最近よくメディアに出ている筑波大学の准教授でいらっしゃる落合陽一さんなんかは、使っている言葉が難しいので何を言っているかわからないと言われることが多いそうな。

これと似たことでしょうね。

いやいや、メンバーの頭が悪いのがダメなんだ!

研究所いわく、

天才は複雑な言語や議論を持ちかけるため、一般人からは遠い存在としてとらえられる。

(中略)

しかし、そのような人達は、彼らの言葉を理解することの出来る聡明な人達を見つけることができれば、優れたリーダーになれるだろう。

※主語を少し意訳

頭が良いならば、頭が良い人たちを率いれば優れた成果を出せるよね!っことですな。

 

教育に応用すると?

①子ども達の知識レベルに応じて用いる言葉や議論レベルを変えていこう。頑張れば理解できる難しさがちょうどいい。

 

②割合としては、2〜3割

 

③学級委員長は成績の上位20%の子が適任かも?

 

学校の先生にどれだけ知性が必要かわかりませんけど、「難しい言葉を使わない」ってのは気を付けておけばいいんじゃないでしょうか。

 

って事で、頭が良すぎるとリーダーに不向きかも!って話でしたー。

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Antonakis, John,House, Robert J.,Simonton, Dean Keith(2017).Can super smart leaders suffer from too much of a good thing? The curvilinear effect of intelligence on perceived leadership behavior.

Designed by Rawpixel.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。