教師力UP

話し合いをさせてもいいアイデアは出ない。ならばどうすべきか?

問題解決能力を伸ばすためには話し合いの機会を設けることが重視なんですな。

ただ、とりあえず話し合いをさせてもいいアイデアは出てきませんで、話し合いにも工夫が必要な訳です。

この問題についてハーバードビジネススクールがちょっと面白い研究を出しておりました。

話し合いを成功させるには話し合わない事

先行研究から優れたアイデアを生み出すには、

  • 一人で考えること!

がベストな事が判明していたそうな。どうやら会議のような大勢の人と話し合っても生産性は高まらないんだと(これには同意)

ただ、最悪のアイデアも一人で考えていた時に生み出される傾向があるそうで、成果のバラツキが激しいんですって。

そこで、安定して優れたアイデアを生み出す方法を研究した結果、

  • 断続的な対話をさせると安定していいアイデアが浮かぶようになった!

 

つまり、一人で考える事と話し合う事による長所だけを組み合わせたんですなな。

研究者いわく、

話し合いを中断する事は集団の知性レベルを向上させます。

(中略)

我々は、社会的関係から受ける影響を断続的にオン・オフする事で、さらに大きな問題解決力を手にする事が出来るでしょう。

メディアが問題解決能力を妨げる

つまり、優れた解決策を考え出すには他者との繋がりを切る機会を設ける必要があるんですな。

しかし、メールやSNSをチェックする事は問題解決能力を低下させるようで、

常時接続されたテクノロジーは問題をうまく解決する能力を低下させる可能性があります。

繋がりすぎても良くないよねーとな。

深く考えたい時はネット断ちした方が良さそうっすね。

まとめ

教育に応用すると?

①話し合うだけでは問題解決は見込めない。

 

②一人で考える時間⇆他の人の意見に触れる時間を繰り返す必要があるので、いきなり話し合わせても良いアイデアは生まれないだろう。

 

③まずは一人で考える時間をとってからグループワークに移ってもらおう。

 

他にも問題解決能力を高める話し合いのさせ方について書いた記事がありますので合わせてご覧ください。

 

そんな訳で、「なんか意見ある?」から始まるような会議は避けたいところですな。

最低でも、1日前に話し合うテーマを伝えておき、それに対しての意見や解決策をいくつか用意してきてもらいましょう。

 

って事で、一人で考える時間がないと話し合いなんて無意味!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Ethan Bernstein, Jesse Shore, and David Lazer(2018).How intermittent breaks in interaction improve collective intelligence

Designed by Rawpixel.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。