子どもの能力UP

良い習慣を身につけるベストな戦略

「勉強するぞ!」と思っても勉強出来ないってのはよくある事でしょう。

その大きな原因は、勉強が習慣化されていないから、であります。

安定して高い成績を収める人は、大抵毎日決まった時間に勉強しているものです。

私もブログを始めた当初は毎日更新する事が出来ませんでした。

そこで、ブログを書く事を習慣化する!ってな目標に変えてからコンスタントに1日2記事を書けるようになったんですな。

つまり、成果を出したい物事に対しては、習慣化させるのが一番なんですよ。

なら、どうすれば勉強とか苦手な事でも習慣化できるようになるのでしょうか?

そんな疑問にプリンストン大学らの共同研究が答えてくれます。

習慣化させるには数!数!数!

  • ラットに、報酬の出るレバーと報酬の出ないレバーの2つを同時に見せ、報酬の出るレバーを選ぶように訓練させたグループ。
  • 報酬の出るレバーのみを見せてレバーを押す事を訓練させたグループ。

 

に分けて、ラットにレバーを押す事を習慣化させたんですって。

すると、

  • 習慣化には報酬ではなく回数をこなす方が有効!

 

って事が判明したそうな。

報酬のあるレバーだけを見せたラットに途中から報酬が出ないような仕様に変えたにも関わらず、レバーを押し続けたんですって。

研究者いわく、

繰り返し行う習慣的行動は、過去の行動の産物である。

時に、習慣的行動は、ご褒美が欲しいという欲求に取って代わるのだ。

なるほどー。回数をこなしていくうちにご褒美なんてなくても自然に行動できるようになるんだ、と。

たしかに、ブログも書いていくうちに自然と書き始められるようになったもんなー。(今や書かなきゃ不安に駆られる)

まとめ

教育に応用すると?

①習慣化させたいものはとにかく数をこなしてもらおう。

 

②勉強が習慣化していない子は、「1日30分勉強する」という目標よりも、「1日15分の勉強を2回する」にした方が習慣化しやすい。

 

③習慣させたい行動は、それを行なった回数をカウントしていこう。

少しでも着手すればOKとし、習慣化するまではハードルを上げない事。

 

習慣の研究では、平均で66日続けると行動が習慣化されるそうです。

ここを目標にカレンダーにチェックでもしてもらいながら、子ども達に良い習慣を身につけてもらいましょう。

 

って事で、習慣化させたい行動はとにかく数をこなせ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Kevin Miller, Amitai Shenhav, Elliot Ludvig

(2019).Habits without Values

Banner vector created by makyzz – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。