教師向け

人が重要な情報を見落としやすくなる瞬間

  • 教員1年目
  • 初の子育て
  • 仕事で大きなミスをやらかした

などなど、生きていれば何度か困難に遭遇するもんです。

もちろん困難は私たちを成長させてくれますが、ちょっと気をつけておきたい事がありましてね。

興奮中は情報を見落としやすくなる

2017年に出た論文で、タイトルは「高覚醒状態になると、人は情報を見落とす」というもの。

どんな研究かといいますと、まず実験参加者66人(平均年齢22.23歳)を3つのグループに分け、それぞれある映像を見てもらいました。

  • ラブシーン(家族と見ると気まずくなるレベル)
  • ハードな暴力シーン
  • 買い物中の会話シーン

 

2つ目までは人を覚醒させる狙いがあり、3つ目は人をニュートラルな状態にした訳ですな。

で、一通り見終わった後に、見た映像に関するクイズを出題しました(物の位置とか)。すると、

  • ラブシーンと暴力シーンを見たグループは、クイズの正解率が著しく低かった!

 

という事が判明。どうやら人はポジティブだろうがネガティブだろうが興奮すると細かな情報が目に入ってこなくなるんですって。

記憶のメカニズムは複雑なので、明確な理由は説明できないものの、そうやって進化してきたのでは?と研究者らは推測しておりましてね。

  1. 緊急時に細かな情報に意識が向いてしまうと、死んでしまう可能性が高まる
  2. よって、ポジティブ(好きな人が目の前にいる)・ネガティブ(相手から狙われている)のどちらでも、対象に注意を払うように脳が進化した!

 

という流れ。研究者いわく、

覚醒レベルの増加は、空間的及び連続的文脈の細かな情報の獲得を損なうことを示している。

これは、動機が問題ではなく、あくまで覚醒レベルに影響されるのだ。

まとめ

教育に応用すると?

①感情的になってしまった時の記憶ほどあいまいな物はない。

 

②授業観察や成績評価といった、細部の情報に気を配ばらなければいけない時には、心を整えてニュートラルな状態で臨もう。

 

③大抵興奮している時に大きな見落としが生じる。子どもを叱った後など、感情が高ぶった時に仕事をしたのなら、必ず後で見返そう。

 

感情のバランスが取れている人ほど賢い!」ってな話がありましたけど、これも興奮していないが故に見落としが減るからしょうな。

仕事中は心をニュートラルに保っておきたいところです。

 

って事で、興奮しすぎると細かな情報を見落とすよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Thomas Maran, Pierre Sachse, Markus Martini, Barbara Weber, Jakob Pinggera, Stefan Zuggal and Marco Furtner(2017).Lost in Time and Space: States of High Arousal Disrupt Implicit Acquisition of Spatial and Sequential Context Information

People photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。