役立つ知識

【マルチタスク入門】マルチタスクは母親のストレス源

複数の事を同時に行うマルチタスクは、

  • ミスが多くなる
  • 同時に複数の事を行うので、1つ1つの体験の質が低下する

てな問題があるんですな。そりゃ、SNSをしながら映画を観れば感動も薄まるってもんですよ。

で、このマルチタスクを一番行なっているのが実は「お母さん」だったりします。

母親は父親よりもマルチタスクをしている

これはアメリカ社会学会から出た研究で、働いている父親と母親のマルチタスクに費やす時間を調べたもの。

さっそく結論を申し上げますと、週に、

  • 父親は38.9時間をマルチタスクに費やしていた
  • 母親は48.3時間だった!

 

母親は約10時間も多くマルチタスクに費やしているらしいんですな。

研究者いわく、

これは、働くお母さんの活動時間のうち5分の2を占めていることになる

かなりの割合を占めておりますね。

個人的には、家事でのマルチタスクならまだしも、育児だと少し怖いなーって感じです。

というのも、何かしながら子どもと遊ぶと、子どもの集中力が低くなる事が分かっておりましてね。

ADHDといった問題を引き起こしやすくなるんですな。

詳しくは以下の記事を合わせてお読みいただければ幸いです。

母親はマルチタスクにネガティブなイメージを抱いている

面白いのが、父親と母親とではマルチタスクへの考え方が違っていたらしくて、

  • 父親はマルチタスクをむしろポジティブに捉えていた!
  • 逆に、母親はマルチタスクをするとストレスを感じていた!

この原因として考えられるのは、

  • 母親のマルチタスクは家事や育児が中心でストレスとなるものが多いから
  • 父親のマルチタスクは自分事(自分の部屋を掃除しながらとか)や近所の人と話しながらガーデニングとかが中心なので、ストレスがかからない。

みたいな違いがあるからじゃないの?っと考察しておられました。

実際に、家庭でのマルチタスク時間を調べてみると、

  • 父親は42.2%
  • 母親は52.7%

の差があったらしい。

母親のマルチタスクを減らす為には?

研究者いわく、

母親がマルチタスクから解放され、幸福感を感じる鍵は、父親と家事をシェアする事だ。

うーん。月並みなアドバイスですけども、やはりこれに尽きるんでしょう。

家事をしない夫は妻を不幸にする!」って研究もありましたし、家事・育児のシェアがこれからの鍵ですね。

まとめ

子どもが産まれるとやる事が増えますので、マルチタスクにならざるを得ないが現実。

結婚する前に「家事を手伝ってくれるか?」を重視した方が結婚生活を幸せに送れかも。

 

って事で、お父さん!家事を分担してマルチタスクからお母さんを解放してあげて!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Shira Offer, Barbara Schneider(2011).Revisiting the Gender Gap in Time-Use Patterns: Multitasking and Well-Being among Mothers and Fathers in Dual-Earner Families

Business photo created by yanalya – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。