子どもの能力UP

「運動神経がいい男の子は頭がいい!」東フィンランド大学の研究

運動神経がいいと問題解決能力が高い?!

東フィンランド大学の研究で、「運動能力が高い男の子は問題解決能力が高いぞ!」という事が判明したらしい。

この研究では、6歳から8歳の子ども371人を対象に、運動能力の平均値が高い子と低い子に分けて2年間追跡調査したものです。

で、大きな結論から申し上げますと、

  • 運動能力が高い子は認知能力が高かった!

まぁ、これは当ブログでも「運動すると頭が良くなるぞ!」って話を度々しておりますので、そりゃそうだよなーって感じではありますが。

 

ただ、この研究の面白いのが、

  • もともと運動神経のいい子が運動するようになってもそこまで認知能力が高くならない!

って事がわかったんですって。

運動神経がない子ほど運動の恩恵がデカイって事ですね。

え、女の子はどうなの?

どうやら女の子には関係ない、とのこと。

運動神経と認知能力の関係性は男の子のみにみられ、女の子は運動神経が良くても悪くても変わらなかったそうな。

このような違いが出るのも、「女性は狩りに出ていなかったからではないか?」と考えられています。

男性はもともと狩りに出かけなければならなかったため、体を動かすことで頭が働くように進化したのに対し。

女性は家で子育てや家事をこなしていたため、運動しなくても頭が働くようになったからではないか、と。

まぁ、他にもいろんな要因が考えられるでしょうが…

まとめ

教育に応用すると?

①運動神経がいい男の子は頭がいい傾向にある。

 

②が、普段から運動しない子が運動する方が恩恵がデカイ

 

③女の子は運動しようがしまいが関係性ないかも?

 

もちろん、運動神経がいいと頭がいいのではなくて、

  1. 運動神経がいい子は運動を好きになりやすいから頻繁に運動する
  2. 運動神経の悪い子は運動への苦手意識があるからあまり運動しない
  3. 運動神経が悪い子は問題解決能力が低い!

ってのも考えられる訳で、個人的にはこっちじゃないかなーと思いますが…

とするなら、女の子の認知能力も改善していないといけない訳なんですけども。

うーん、どうなんでしょうね。

まぁ、運動には健康効果もありますし、体を動かしておいて損はないんですけどね。

 

って事で、とりあえず男の子は運動しとけ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Eero Haapala;Niina Lintu;Juuso Väistö;Tuomo Tompuri;Sonja Soininen;Anna Viitasalo;Aino-Maija Eloranta;Taisa Venäläinen;Arja Sääkslahti;Tomi Laitinen;Timo Lakk(2018).Longitudinal Associations of Fitness, Motor Competence, and Adiposity with Cognition

Paper photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。