子どもの能力UP

スポーツ観戦で簡単に自尊心が高まるぞ!というオハイオ州立大学の研究

自尊心が高ければ、日々の活動に自信を持って取り組む事ができますし、失敗しても上手く立ち直る事ができます。

心理学のあらゆる研究でも、自尊心の高さと将来の成功には相関が見られており、「いかに自尊心を高めていくか?」も教育の大きなテーマなんですよね。

とはいえ、自尊心とは過去の成功体験の数に起因していますので、一朝一夕で身につくものでもないのが難点。

が、「簡単に自尊心を高められる方法があるぞ!」という研究が最近発表されておりました。

自尊心を高めたければスポーツ観戦だ!

これはオハイオ州立大学らの研究で、174人の大学生を対象に行われたもの。

この研究では、大学のフットボールの試合の前後で自尊心がどう変化するのかを調べたらしい。

学生に感づかれないように、無関係の質問を混ぜ、自尊心のレベルを計測したんですな。

で、どんな結果になったかというと、

  • 自分の大学のチームが勝つと2日間自尊心が高まり続けた!
  • 負けチームの自尊心に変化はなかった

 

試合は土曜日に行われたそうで、もちろん勝った日に自尊心が高まったんですけど、2日後の月曜日の方が高くなっていたんですって。

研究者いわく、

月曜日では、試合の結果がキャンパス内の重要なトピックであり、その喜びや悲しみを分かち合う事ができた人達の自尊心は最も高くなっていた。

確かに、この研究では試合を見なかった人はむしろ月曜日に自尊心が低下する傾向にあったんですよ。

試合を一人で見た人は日曜では自尊心の高さに変化がなかったものの、月曜日になると高まる傾向も見られております。

「感動のシェア」が重要なわけですねー。

気分の改善効果は1日だけ

勝ったチームは

  • 日曜の気分は良くなった!
  • しかし、月曜日になるといつも通りに戻った

負けたチームは

  • 日曜日の気分は下がった
  • 月曜日はもっと下がった

 

負けたチームの気分が悪くなるのはわかりますけど、勝ってもそんなに気分は良くならないんですね。

こんな現象が起こるのも、「気分には天井効果があるのでは?」と研究者らは推測しておられまして。

どうやら気分って短期的なものらしいので、「ずっといい気分!」とか「ずっと機嫌が悪い」って事はないんだ、と。

機嫌が悪いと喧嘩になったりしますけど、そんな時は距離をとって時間が過ぎるのを待つのがベストなんでしょうなー。

まとめ

教育に応用すると?

①自分の好きなチーム・自分の学校のチームの試合を観戦しに行こう!

 

②好きなチームが勝つだけでも自尊心はアップするぞ!

 

③勝っても負けても、試合結果を友人と共有する事でさらに自尊心が高められるぞ!

 

別にチームスポーツでなくても、個人種目でも同じ効果が得られる事でしょう。

重要なのは、同じファンの友人を見つけ、勝利を分かち合う事なのでね。

となると、オリンピックで日本人が金メダルを取ろうもんなら、日本人の自尊心は爆上がりしそうですね(笑)

自分の好きなチームが勝った日には、友達と感動をシェアし、翌日から新しい事をはじめてみると上手くいくかもしれません。

 

って事で、自尊心を高めたければ、スポーツ観戦だ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Silvia Knobloch-Westerwick, J.C. Abdallah, Andrew C. Billings(2019).The Football Boost? Testing Three Models on Impacts on Sports Spectators’ Self-Esteem

People photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。