役立つ知識

本番前に音楽を聴くとパフォーマンスは上がるのか?

音楽を聴くと創造性が27%も低下するという衝撃の事実」で衝撃を受けましてね。音楽について興味が湧いてきたんですよ。

で、いろいろと調べていくうちに面白い研究を見つけたのでご紹介いたします。

試合前に音楽を聴くとパフォーマンスは上がるのか?

よくスポーツ選手が「試合前には○○さんの音楽を毎回聴いてます!」なんて事をインタビューで言ってたりしますよね。

「それって効果あるの?」って所をドイツの研究者らが調べてました。

まず、18歳から35歳の成人150人を3つのグループに分けましてね。

  • 自分で好きな音楽を選び聴いてもらったグループ
  • 研究者が指定した音楽を聴いてもらったグループ
  • 何も聴かなかったグループ

 

その後、以下のようなボール投げ課題をしてもらい、終了後にアンケートに答えてもらったそうな。

で、結果はというと、

  • どんな音楽を聴いてもパフォーマンスに影響はなかった!

 

うーん、なるほど。どんな音楽を聴いても変わらないんだ、と。

ただし、男性にのみ見られていた傾向がありましてね。

  • 自分の好きな音楽を聴いた男性は自尊心が高くなって、リスクの高い行動をとるようになっていた!

 

試合前に音楽を聴くと、サッカーなら、「ここからシュートを打っても入らないでしょ」って所からでも打つようになったりとか。

野球なら少し危ない球にも手を出すようになったりするんですな。

つまり、音楽はモチベーションを高めてはくれるけど、パフォーマンスにはなんら影響はないんだ、と。

音楽でパフォーマンスが上がる時

とはいえ、「音楽が仕事の効率が上がった!」なんて研究もあったりするんですな。

となると、今回の結果と矛盾するのではないか?と思ってしまいますが、実はそうでもなかったりします。

研究者いわく、

音楽のパフォーマンス向上効果は、タスクに大きな集中力や認知処理を必要としない場合にのみ起こりやすい。(Terry and Karageorghis ,2011)

今回のような集中力・複雑な認知的処理を必要とするボール投げタスクでは音楽の効果が抑制されたのだろう。

掃除や皿洗いといったそこまで複雑な事でなければ音楽を聴くと素早く終わらせられるようになるんだ、と。

まとめ

教育に応用すると?

①音楽を聴いても本番のパフォーマンスにはなんら影響しない。

 

②しかし、モチベーションアップの効果はあるかも。ただし、リスクを冒しやすくなるので注意。

 

③簡単なタスクでは音楽が効率を高めてくれる。

・家事

・ランニング

・雑務

では好きな音楽を聴きながらやってみるといいだろう。

 

複雑な認知処理が必要な場合はダメって事は勉強中の音楽もアウトでしょうな。

これは「音楽を聴くと創造性が下がる」ってのにも一致しますね。

今度からは音楽は掃除中に聴いてみようかしら。

 

って事で、本番前に音楽を聴いてもパフォーマンスは変わらないよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Paul Elvers and Jochen Steffens(2017).The Sound of Success: Investigating Cognitive and Behavioral Effects of Motivational Music in Sports

Music photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。