役立つ知識

恋愛関係を良好にするためのSNS活用術

「SNS婚」なんて言葉が出てきておりまして、ソーシャルメディアで出会った人と結婚する事が増えてきているんですな。

中には、ネット上で恋に落ち、ネット上で交際したのち、ネット上で破局する人もいるんだとか。いやー、新しいすっね。

で、新しくカーネギーメロン大学から出た研究では、このオンライン交際問題についてガッツリ調べてて面白かったです。

オンライン交際に関してはいくつか肯定的な証拠が見られている。

(中略)

しかし、同様にオンライン交際に関しては否定的な証拠も見られているのだ。

(中略)

これらの研究をまとめると、矛盾した調査結果になり、オンライン交際がロマンチックな関係にプラスなのかマイナスなのかは未解決な問題であるといえる。

ブリティッシュ・コロンビア大学の先生であるマリナ・アドシェイドさんの著書だと「SNSで知り合った方が長続きする!」てな事が書かれてたんですけど、実はコンセンサスが取れていた訳ではなかったんですね。まぁ、科学界ではよくある事ですが……

そこら辺の問題をガッツリ調べた最初の研究らしいので、貴重なデータといえましょう。では、どんな事が判明したのか見ていきますかね。

オンラインとオフラインではどっちが親密な関係を築けるのか?

この研究では、5つの実験を行なっているんですけど、それを1つ1つ紹介してもあれなんで、端的に結果だけずらずらと並べていきます。

まず、オンラインとオフライン別で関係の満足度を表したのが以下の表。

オンラインでの投稿が多いほど、関係の満足度と親密さが低くなる傾向に。

ただ、これは恋愛関係にのみ見られており、友情関係にはなんの問題もないんだとの事。むしろプラスに働いていますね。

恋人とのオンライン会話は減らした方がいいかもですなー。

むしろオンラインがプラスに働く人の特徴

どうやら、人によってオンラインで満足度が高くなる傾向も見られていたんですな。

それはどんな人かと言うと、

  • 愛着スタイルが不安型の人はオンラインでの投稿が多いほどお互いの関係が良好だと感じやすい!

愛着スタイルとは、人が他人と付き合う時に見られる傾向の事で、不安型の人は以下のような特徴があります。

  • 自分に自信がない
  • 「相手から嫌われるのではないか?」と考えがち
  • 熱しやすい
  • 出来るだけ相手の行動を知りたい・常に連絡が欲しい

そりゃそうだよなーって感じですね(笑)

オンラインの更新頻度と関係の満足度

  • オンラインの更新頻度が高いと関係の満足度は低くなる!

我々4つの研究は、高頻度のオンライン更新は、パートナーとのロマンチックな関係を傷つけることを示唆している。

ただし、扱っている内容が「自分の事についてのつぶやき」だったので、「日本代表頑張れ!」みたいな包括的な内容に影響があるのかは不明。

研究者は「包括的でも影響あるかも」くらいにおっしゃってましたが……

パートナーとの関係を良好にする投稿

最後に研究者らは、「投稿によっては関係が良くなるのでは?」と考え、そこら辺を調べたんだと。

まずは以下の表をご覧ください。

研究者いわく、

パートナーと一緒に写った写真、または、パートナーを含めた投稿であれば、オンラインの悪影響を無効化する事が出来る。

場合によっては、むしろプラスになる。

オンラインではノロケまくれ!とな。やり過ぎると嫌われそうですが…(笑)

まとめ

これまで判明した知見をまとめると、

  • 基本的にオンラインの更新頻度が高いとパートナーから嫌われちゃう
  • 特に、自分の事ばかりを投稿するのは避けたい
  • ただし、パートナーが不安型なら関係ない
  • 一緒に写った写真・パートナーとの思い出を投稿すると、関係をブーストさせる事ができる

って感じですね。てな訳で、

  • SNSは基本的に更新しないけど、パートナーとの思い出の記録として使う!

がベストな活用法かなーと思います。

 

って事で、SNSには恋人と一緒に写った写真を投稿しまくれ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Juwon Lee, Omri Gillath, Andrew Miller(2019).Effects of self- and partner’s online disclosure on relationship intimacy and satisfaction

People photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。