子どもの能力UP

難しい本を読み抜くのに役立つ「リーディング・チェックリスト」

質問の中で、

  • どうやって本を読んでいますか?
  • 読書術を教えてください

ってのが多かったりします。基本的な質問は「寄せられた質問に答えるエントリpart2速読術・本と論文の読み分け」で答えてみましたので、見てみてください。

で、読書術に関しては参考になりそうな研究がありますので、それを紹介してみようかなーと。

本の理解力を上げるチェックリスト

これは、アメリカにあるヴィンダービルト大学で、「学生の読解力を上げるための方法」について研究したもの。

今回は、この研究で紹介されていた、「読解力を上げる指導法」を個人でも使いやすいように改変して紹介してみようと思います。

語彙チェック

1.文章を読む上で、理解しておかなければならない言葉はあるか?

2.その言葉を理解するのに役立つ文章や言葉はあるか?

3.その言葉を理解するために、すでに知っている知識が使えないだろうか?

4.1〜3を経て、この言葉の意味は何だろう?

5.この言葉に似た言葉はないか?

6.この言葉を使ってどんな文章が作れるだろうか?

流暢さチェック

1.句読点ごとに、「この文章は何を伝えているのだろうか?」と要約する。

2.テレビのアナウンサーのように流暢に読めるだろうか?

理解度チェック

1.理解できない部分を理解するためにはどうしたらいいだろうか?

2.理解するのに役立つツールは何だろう?視覚化できないだろうか?

3.1文または1ページごとに、「どんな内容だったのか?」

4.この本のトピックについて知っている事は何か?

5.今まで似たような本を読んだ事はないか?また、それはどんな内容だったか?

6.今までの人生で関連している部分はないだろうか?

7.実生活に関連している部分はないだろうか?

まとめ

上記の質問を投げかけながら本を読み進めていけば、理解力は上がりましょう。

普通の本だとめんどくさいかもですが、参考書とか学術書を読む際に応用すると良さげ。

個人的には、理解度チェックの③・⑥・⑦はどんな本でもやってます。これをすると知識が繋がって記憶にも残りますし、勉強が楽しくなるんですな。

これはもともと、「読解力を上げる指導法」についての論文なので、「読解力を上げる授業をしたい!」って声があれば、別途エントリを設けてみようかなーと思う次第です。

 

って事で、本の理解力を上げるチェックリストでしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Dan Reynolds, Amanda Goodwin(2016).Supporting Students Reading Complex Texts: Evidence for Motivational Scaffolding

Background photo created by snowing – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。