教師向け

自然の中で会話すると信頼してもらいやすくなる

自然ってすごいんだぜ!てな事を度々書いている当ブログ。

 

ウォータールー大学から出た新しい研究によると、「親密度を高める効果もあるよ!」てな事が言われてましたので、ご紹介。

関係を一気に深める「緑地効果」とは?

ウォーキングツアーと題し、参加者を集めて町中を歩き回ってもらったそうな。

ここでは参加者を3つのグループに分けております。

  • 車道添いを歩いたグループ
  • 街の中を歩いたグループ
  • 自然の中を歩いたグループ

で、参加者の心理的影響やメンバー間の親密度の変化を調べたところ、こんな事が判明しまして。

  • 自然の中を歩いた人は他の人を信頼するようになった!

 

仲良くなるかは相手を信じられるかどうかにかかってますので、「自然は人間関係をブーストさせる効果がある」と言えましょう。

同時に、幸福度の増加も確認されたそうで、これは以前紹介した研究と同じ結果ですねー。

さらに面白いのが、

  • カラフルな場所でも同じような効果があった!

とかなんだとか。へー。面白いですな。研究者いわく、

これは、比較的単純で低コストで人の感情的安定性や社会生活を改善する大きな可能性を示している。

まとめ

教育に応用すると?

①新学期には外でレクリエーションをするとクラスのメンバーと一気に仲良くなってもらえるだろう。

 

②さらに、自然は不安やストレスを解消してくれるので、新学期の不安を拭い去ってくれるはず!

 

③学校を彩り豊かにするといいかも?!

 

自然についてのエントリを書くたびに、「森の中に住みたいなぁ」と思うんですけど、Amazonのヘビーユーザーにとっては難しい事であります……

デートも「〇〇ガーデン」みたいな所をプランに組み込むと信頼されやすくなるので良さそうすっねー。

 

って事で、自然の中で話すと信頼してもらいやすくなるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Hanna R. Negami, Robin Mazumder, Mitchell Reardon & Colin G. Ellard(2019).Field analysis of psychological effects of urban design: a case study in Vancouver

Space photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。