子どもの能力UP

集中力を最大化する水分補給のすすめ

少し前に、「人生で成功するのに必要な能力はこの2つや!」てのを紹介しました。

 

その1つが「集中力の高さ」だったんですな。なので、集中力を高め、日々の勉強なり仕事なりで発揮する事が出来れば、成功しやすくなるのではないか、と思いまして。

で、集中力に関して以外と見過ごされがちなのが「水分補給」です。

今回は、集中力を高くするための「水分補給方法」について考えてみたいと思います。

集中力が低下する水分量

なぜ集中力の話で「水分補給」を持ち出したかといいますと、一番手軽かつ高い集中力をキープするのにもっとも重要な要素だからです。

ご存知の通り、人間は約7割が「水」でできております。この割合を下回ってくるとなんらかの異常が出てくるんですな。

その1つが「集中力の低下」。

例えば、カリフォルニア大学の研究では、9歳から12歳の子ども52人を2つのグループに分けて水と集中力の関係を調べてくれております。

  • 朝食に200mlの水分を飲んでもらったグループ
  • 朝食に水分を補給しなかったグループ

結果は、朝食で水分を補給したグループの圧勝。

さらに、水分補給をしなかった子達に後日朝食で水分を摂ってもらったところ、集中力の向上が確認されたんだとか。

同様の実験をイースト・ロンドン大学でも行なっておりまして、

  • 試験前に水分補給をするとテストのスコアが上がる!

といった結果に。この研究でも、「水分補給は集中力をアップさせる効果がある」と結論づけられており、もはや疑う余地はなさそうな感じ。

いやいや、水を飲んでも関係ないよ!説

他にも水分補給については肯定的な意見が多く、間違いないと思われますが、一方で、否定的な結果が出てたりもします。

2014年の研究で、大学生91人を対象に、

  • 授業中に好きなだけ水分補給のできるグループ
  • 授業中に水分補給ができないグループ

に分け、集中力テストを行ったところ、統計的に有意な差はなし!だったそうな。

ただ、この研究では「授業中に水を飲んだ時のみの影響」しか調べていないため、こんな結果になったのだろうと思われます。

研究者もこのようにおっしゃっておりまして、

先行研究では、水分補給が集中力と他の認知機能にプラスの効果がある事が確認されている。しかし、我々の実験では統計的に有意な差は見られなかった。

(中略)

これは、水分補給と集中力テストの期間が短い事で説明できる。

水を飲むと集中力が上がるのは間違いないものの、即効性はないんだ、と。

まぁ、飲んだ瞬間から覚醒してたらヤバイモノと変わりありませんからね。

定期的に水分補給をして、体内の水分量を一定に保っておくのがベストなんでしょうなー。

どれくらい水を飲めばいいのか?

最初に紹介したカリフォルニア大学の論文では、「2時間で750mlは飲もう!」って事が言われてました。

他の研究も見てみたところ、2017年の研究だと、

  • 300ml飲んだ20分後には集中力が23%アップ
  • 25mlでも12%の集中力アップが確認された!

とか。水には即効性はないものの、だいたい20分もすれば集中力の向上効果が見られるそう。

25mlって軽量スプーンの大さじ二杯くらいですけど、それだけでもいいんですね(笑)

300mlだとコップ1.5杯くらいなんで、そこまで苦ではないっすね。

まとめ

教育に応用すると?

①集中力を高い状態にキープしておくには、こまめにな水分補給が欠かせない。

 

②水を飲んですぐに集中力は変わらない。

 

③勉強の20分前にコップ200ml〜300ml(コップ1〜1.5杯分)飲むと集中力が高い状態で臨むことができるぞ!

 

というわけで、「水分補給の大切さ」について書いてみました。

以外と見過ごされがちなポイントですので、勉強の休憩時間や学校の休み時間には必ず水分補給をする事をオススメします。

 

って事で、水分補給は集中力を発揮するのには欠かせないんやで!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

・Clinton S.PerryIII,Gertrude Rapinett,Nicole S.Glaser,Simon Ghetti(2015).Hydration status moderates the effects of drinking water on children’s cognitive performance

・Caroline J.Edmonds and BenJeffes(2009).Does having a drink help you think? 6–7-Year-old children show improvements in cognitive performance from baseline to test after having a drink of water

・Irena Miljkovic Krecar, Maja Kolega, Silvana Fratric Kunac(2014).The Effects of Drinking Water on Attention

・Edmonds CJ, Crosbie L, Fatima F, Hussain M, Jacob N(2017).Dose-response effects of water supplementation on cognitive performance and mood in children and adults

Water photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。