子どもの能力UP

文法指導は無意味!123の研究から判明した「本当に効果のある文章指導法」

社会に出ると文章を書く機会が増えるでしょう。

  • プレゼンの作成
  • 会議の資料作り
  • 指導案の作成
  • 履歴書の作成

とかとか。ライティングスキルは社会人の基礎能力といっても過言ではありません。

「良い文章を書く能力」が備わっていると、社会では有利なわけです。

さすれば、子ども達の文章力を伸ばすのは学校にとっても重要な課題であると言えるでしょう。

なら、どんな指導法が効果的なのか?今回はその問題について考えてみたいと思います。

本当に効果のある文章指導とは?

参考になりそうなのが、ヴィンダービルド大学とコロンビア大学の研究。

これは「学生の文章力を伸ばす本当に効果のある指導方法って何なの?」ってのをガッツリ調べたメタ分析となっております。

メタ分析とは過去の研究をまとめて、1つの答えを導き出す手法の事で、現代科学では最も信憑性のあるもの。

当ブログでは、【教育の結論】で多く扱っております。

で、早速どんな結果になったのかをずらずらと並べていきますと、

※()内は効果量です。0.4が中程度の効果で、0.6以上は効果大とお考えください。

戦略的指導(0.82)

文章を書く前にどんな計画を立てて、文章をどう編集し、どう書き上げるかを体系的に教える方法です。

文章の型を教えるのが一番効果的なんですねー。

要約(0.82)

読んだ文章を短くまとめさせる指導方法。

東大の二次試験のようなのが一番いいんだ、と。このブログもいわば「要約」ですから、文章力アップに一役買っているのかな?

ピア・アシスタント(0.75)

これは、友達と一緒になって文章の計画や修正を行ってもらうことを指します。

基本的に2〜4人のグループでお互いの文章を推敲し合うのが望ましいっすね。

文章の目標設定(0.70)

「この文章でなにを伝えたいのか?」といった目標を立てさせる事。

文章がなかなか書けない人って文章の目標が不明確な事が多いので、これはマストでしょうな。

私もブログを書くときには必ず「この記事でなにを伝えたいのか?」・「この記事を読んでくれた人にどうして欲しいのか?」ってのを決めてから書き始めてます。

ワードプロセッサの使用(0.55)

文章作成のコンピュータプログラムを活用して文章を作成してもらう方法。

Wordにも誤字脱字があると線が引かれますからね。それにもある程度効果はあるんだと、と。

文統合(0.50)

2つ以上の文章を1つにまとめ、1つの文章にしてもらう事。

要約の簡易バージョンみたいなものですね。

リサーチ(0.32)

ネタ探しのために何かの活動に参加したり、文献を探しながらメモをとってもらう事。

効果量としては低めですけど、私にとってはブログのモチベーションを上げてくれるやつです。

いいネタが入るとブログに書きたくてたまらなくなりますからねー。

モデル研究(0.25)

上手い文章を研究して「名文の特徴」を勉強してもらう事。

効果としては意外にも低いんですねぇ。

文章術系の本では必ずと言っていいほど書かれている事なんですけど……

文法指導(−0.32)

うーん。見間違いであって欲しかったんですけど、マイナスがついてました(笑)

現代の国語指導を潰しにかかってませんかね…?

「てにをは」や修飾語、品詞を勉強してもらうのってむしろ文章力の向上の足を引っ張るようです。

まぁ確かに、はじめから文法に気を使ってたら文字書くのが嫌になりますもんね。

まとめ

文章力の向上を図るなら、

  • 文章作成の型を教える
  • 日頃から読んだものを要約してもらう
  • 文章を書く目標を必ず設定させる
  • 友達と文章のチェックをし合う
  • 文法はその後だ!!!!!

 

って感じですかね。一人でも使えそうなものと言えば、「要約」と「目標設定」でしょうな。

「いい文章が書けるようになりたい!」って方は、短い文章でも要約する癖をつけておくと、文章力が自然とアップしそうなので、是非心がけてみてくださいまし。

 

って事で、本当に効果のある文章指導方法(文法なんて後だ!)でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Graham, Steve and Perin, Dolores(2007).A meta-analysis of writing instruction for adolescent students.

School photo created by jannoon028 – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。