子どもの能力UP

メンタルが乱れがちな思春期こそアレをたくさん食べよう!

思春期はホルモンのバランスが乱れがちになるため、メンタル問題を抱えやすくなる時期。

歳をとると馬鹿だなーと思うような悩みでも、思春期の子ども達にとっては大きな問題に思えてしまうんですな。

当然、悩みすぎるとメンタルに良くないわけで、最悪「うつ」になる事も。

そんな訳で、当ブログでもメンタルを健全にする方法についていくつか書いております。

 

千葉大学から出た新しい研究によると、「食べ物も重要でしょ!」となっていて、参考になりました。

食事で「うつ」は減らせるのか?

この研究では、13歳から18歳の中高生858人を対象に、食事スタイルとうつレベルを調査したんだと。

ただ、調査方法が自己申告制なので、デザインが少し甘いかなーという印象(バイアスの影響を受けるので)。

まず大きな結論から申し上げますと、

  • 食事とうつレベルには相関があった!

 

日頃から何を食べるかでメンタルの健康レベルが左右されていたんだ、と。

まぁ、わたし達の身体は食べた物で作られているので、それがメンタルに影響を及ぼしていてもなんら不思議ではないでしょう。

では、もう少し細かなデータを見ていきましょう。下のグラフをご覧ください↓

左が「朝食の頻度とうつレベルの関係」を表したもので、右が「緑黄色野菜の摂取量とうつレベルの関係」を表したグラフです。

朝食とうつの関係

どうやら、朝食を毎日食べている子ほどうつレベルが低いそうな。

が、これに関しては少し懐疑的です。以前「朝食」に関してはガッツリと考察した事がありまして、

 

個人的には朝食にこだわる必要はないよなーと思っております。むしろ、「決まった時間での食事」と「カロリーの質」さえ守っていれば問題ないかと。

このデータもアンケートベースなので、朝食を食べない=うつになる!とは言い切れませんし。

ただ、うつレベルの高い子は生活習慣が乱れて朝食を抜きがち、てのはありそうです。

緑黄色野菜とうつレベルの関係

  • 緑黄色野菜の摂取量が増えるとうつレベルが低くなる!

てのが大きな結論でして、研究者いわく、

中学生と高校生の両方において、緑黄色野菜の摂取量は抗うつ症状と負の相関かがありました。

これらの調査結果は朝食での野菜の消費が日本の青年期のうつ症状に影響与えることを示唆している。

とにかくメンタルを健全な状態にしておくためにも野菜を食べろ、とな。

普通なら「やっぱ野菜大事だなー」で終わる所なんですが、「野菜の何が効いてんの?」と疑問が湧く方もいらっしゃいましょう。

そんな方の為に、もう少し踏み込んだ事でも書いてみようかと思います。

別にそんな事知りたくないよ!って方は読み飛ばしていただいて結構です(笑 )

なんで野菜を食べるとうつレベルが下がるのか?

考えられる理由としては主に2つあります。

腸内環境説

腸は「第2の脳」とも呼ばれておりまして、ホルモンの分泌量や脳への命令を行なっている、言わば黒幕。

ので、単純に考えて腸内環境がいいとメンタルも健全になる訳です。

野菜に含まれる食物繊維は腸内細菌のエサになっておりまして、

  1. 野菜を沢山食べる
  2. 腸内細菌のエサになる
  3. 腸内細菌が頑張って働く
  4. 腸内環境が良くなる
  5. メンタルも良くなる!

ってな流れ。つまり、何で野菜を食べるとうつレベルが低下するのかと言うと、「腸内環境が整うから!」なんですな。

ビタミンD説

正直、腸内環境説で大方説明がつくんですけど、うつに関しては「ビタミンDが重要だ!」って話がデカイんですよ。

例えば、カーシャーン大学で行われた研究によると、

  • ビタミンDの摂取量を2倍にしたらうつレベルが37%低下した!

 

と言った優秀な結果が出ております。他の研究でもビタミンDの優秀さが確認されているんですけど、正直今回の話とは関係ない感じ。

上で紹介したアンケートでは「どれくらい緑黄色野菜を食べますか?」くらいの事しか聞いていないので、ビタミンD説ではこの研究結果を説明できないんですな。

というのも、ビタミンDを含む野菜というと、

  • キクラゲ
  • しいたけ
  • エリンギ

と言ったキノコ類になってきますから。

まぁ、ビタミンDを増やすといいよーという事でひとつ。

まとめ

教育に応用すると?

①野菜の摂取量を増やすとメンタルが健康になる!

 

②千葉大学の研究によると、中高生よりも高校生の方がうつレベルが高い傾向にあるので、高校生は特に野菜を食べたほうがいい。

 

③野菜でメンタルが健全になるのは腸内環境が整うから。食物繊維を豊富に含んだ物を食べるといいだろう。

 

具体的に何を食べたらいいの?って質問を想定して、優秀な野菜をセレクトしてみました。

  • ニンジン
  • ほうれん草
  • レタス
  • きゅうり
  • キウイフルーツ
  • トマト
  • キャベツ

この7つは過去の研究でも優秀な成績を残している言わば「神7」。ぜひ生活のお供にしてみてください。

 

って事で、メンタルを健全な状態保つためにも野菜を食べまくれ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

・Mami Tanaka and Kenji Hashimoto(2019).Impact of consuming green and yellow vegetables on the depressive symptoms of junior and senior high school students in Japan

・Sepehrmanesh Z, Kolahdooz F, Abedi F, Mazroii N, Assarian A, Asemi Z, Esmaillzadeh A(2016).Vitamin D Supplementation Affects the Beck Depression Inventory, Insulin Resistance, and Biomarkers of Oxidative Stress in Patients with Major Depressive Disorder: A Randomized, Controlled Clinical Trial.

Food photo created by onlyyouqj – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。