親御さん向け

ネットリテラシーの高い人と低い人のたった1つの違い

高齢者を除くと、ネットの利用率は約90%を超えています。

引用:第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長

 

そうなると求められてくるのが、ネットリテラシー。流れてくる情報を鵜呑みにせず、批判的に捉えて判断していく能力が必要不可欠になってきます。

オハイオ大学から出た新しい研究は、フェイクニュースに惑わされない人の特徴について調べていて、なかなか参考になりました。

偽の情報を信じないために

396人の実験参加者に、

  • 自身のインターネットスキル
  • 自尊心のレベル
  • インターネットにある情報をどれだけ信じているか
  • インターネットで得た情報をどれくらいの頻度でシェアするか

を尋ねたそうな。いわゆる、ネットリテラシーを測定したわけですね。

で、どんなことが判明したかといいますと、

  • 年齢・性別・社会階級はネットリテラシーと関係なかった
  • 嘘の情報に惑わされる人はすぐに情報をシェアしていた!

 

子どもだからといってネットリテラシーが低いって事はないんだ、と。

むしろ、情報のシェアスピードが速い人ほどフェイクニュースに騙されやすいんですね。

研究者いわく、

情報リテラシーが現代社会において重要な役割である事は疑う余地はありません。

我々の研究によると、新しい情報をグーグルして、すぐに共有しないといった検証スキルが誤った情報の拡散を阻止するのに有益であることが判明した。

他にも、「ネットの情報は信頼できる!」と考えていた人ほど情報のシェア率が高かったらしい。

Twitterでリツイートばっかりしてる人とかって、もしかしらリテラシーが低いのかも…?

よく考えてのリツイートならまだしも、すぐに反応するのは差し控えたほうが良さそうっすね。うーん、気をつけよう。

まとめ

教育に応用すると?

①ネットリテラシーを身につけてもらうには、「情報の検証スキル」が重要。

 

②流れてきた情報を最低3つのソースから確認する癖があると望ましい。

 

③情報をすぐに共有する人はネットリテラシーが低い傾向にあるので、速報は必ず疑うのが吉。

 

リツイートするのがダメって訳ではなくて、すぐにリツイートするのは良くないって話なので悪しからず。

私も最新の文献を読む時には心がけたいものです。

 

って事で、ネットリテラシーを身につける為にも、すぐにリツイートするな!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

M. Laeeq Khan & Ika Karlina Idris(2019).Recognise misinformation and verify before sharing: a reasoned action and information literacy perspective

Business photo created by jannoon028 – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。