子どもの能力UP

本当に「教育」は必要なのか?

当ブログは「効果のある教育のヒント」という名でやっておりまして、「教育って大事よねー」という前提で日々エントリを書いているんですな。

しかし、ある日ふと「本当に教育が大事なのか?」てな疑問を持ちまして(笑)

もし、教育に力を入れなくてもいいなら財務省が教育に予算を回さなくても、とやかく言えなくなるわけですよ。

そんな訳で、あらためて「教育って大事なの?」という疑問を考えてみたいと思います。

教育で世界を変える事ができるのか?

参考になりそうなのが2018年にゲント大学から出た研究。

この件では、96ヶ国の教育レベルと経済レベルやイノベーションの割合(革新的な発明や取り組みをしているか)を分析したんですな。

当然、年齢や宗教、性別といった変数は取り除いてあります。では、下のグラフをご覧ください↓

HDIとはHuman Development Index の略で、平均寿命、所得、教育を複合した指標の事です。ちなみに、日本はHDI>0.90でトップクラス。

縦軸の「Liberalization Values 」とは「自由化」に重きをおくのか?を表しておりまして、このスコアが高いほど規制への抵抗感が増します。俗に言う「リベラル」。

「自由化」が良い、悪いかは置いておいて、こと経済に関しては自由化を推し進めることで貿易が活発になり、国の発展につながります。

この研究によると、日本のようなHDIが高い国ほど教育が経済の発展につながっている、と言えますな。

研究者いわく、

この研究の分析では、自由化の数値とイノベーションに対する教育とHDIの間の相互作用は依然として有意であることが明らかにされた。

相関係数は0.35でして、それなりに関係あるよねーって感じ。

教育で経済を拡大するには?

結論として、我々の調査結果は、教育が国民の自由化意識に影響を与え、それが今の先進国と発展途上国との間の経済格差の拡大を示している。

「もし教育が世界を変えることができる」のであれば、後進国の教育において、自由化の価値観を促進しない限り経済の発展は見込めないだろう。

言うまでもなく、これは先進国にも当てはまる話だ。

教育で、「自由にしても良いんだよ!」てな価値観を持ってもらわなければ、国の発展はないんだ、と。

ただ、行き過ぎるとイデオロギーの問題になってきますし、中立性を保たなければならい教師には難しいですね……

まとめ

教育に応用すると?

①先進国ほど教育は重要。

 

②発展途上国の経済レベルを上げるには、「自由化への価値観」を育まなければならい。

 

③「自分で決めさせる」をモットーに子どもと接していけばいいだろう。

 

当たり前でしたけどやはり「教育は大事!」って結論になりました(笑)

ただ、当たり前の事に疑問を持ったが故に、

  • 先進国ほど教育が重要
  • 特に「自由化」への価値観が高いかどうかにかかってる

てな発見が得られたのはよかったです。やっぱり、何でも疑問を持って調べていく姿勢が大事だなーと再確認しました(マジメな締め)。

 

って事で、先進国ほど教育は大事!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Alain Van Hiel , Jasper Van Assche, David De Cremer, Emma Onraet, Dries Bostyn, Tessa Haesevoets, Arne Roets(2018).Can education change the world? Education amplifies differences in liberalization values and innovation between developed and developing countries

School vector created by vectorpouch – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。