役立つ知識

「良いアイデアをひらめきたい!」そんなあなたに送るベストな戦略

「いいアイデアを思いつきたい!」てのは誰しもが思うことでしょう。

アイデアを思いついて、それを実行しさえすれば億万長者も夢ではありませんからね(笑)

私もブログのネタ出しに難儀することがありまして、「なんかピリッとした記事じゃないけどしょうがないか…」と妥協する事もしばしば(意外に読まれて困惑する)。

「あー、クリエイティブな人になりたいなー」と思っておりましたところ、「いいアイデアを思いつきたいならご褒美を用意しておけ!」てな研究がテキサス大学から出ておりまして、めちゃくちゃ参考になりました。

ご褒美でクリエイティブになるには?

この研究では、ビジネススクールに通う学生104人を対象に、20分間で「Rebus Puzzles」なるクイズを考えてもらったんですな。

どんなものかと言いますと、文字・色・大きさ・図を使って、ある表現をするというもの。いまいちピンとこないでしょうから、下の絵を見てください。

これが表す意味は何でしょうか?

答えは、小さいtalkなので、「スモールトーク(世間話・お喋り)」となります。

海外に「Rebus Puzzles」のサイトがありましたので、興味ある方はどうぞ。

で、この研究では、学生達をランダムで4つのグループに振り分けております。

  • 「ある程度クイズを提出するたびに5ドルお支払いしますよ!」と伝えられたグループ(量+お金)
  • 「クイズの創造性スコアが6点以上なら5ドルから45ドルの間でお金を払いますよ!」と伝えられたグループ(高い質+お金)。
  • 「クイズの創造性スコアが4点以上なら5ドルから45ドル間でお金を払いますよ!」と伝えられたグループ(低い質+お金)。
  • 「クイズの量・質に関わらず、参加費として25ドルあげますよ!」と伝えられたグループ(質も量も関係なし+お金)

で、どのアプローチが創造性を高めたかと言いますと、

1位:高い質+お金(2.35ポイント)

2位:量+お金(2.09ポイント)

3位:量・質関係なし+お金(1.87ポイント)

4位:低い質+お金(1.55ポイント)

となりました。「質が高いければご褒美あげるよ!」がいいアイデアを生み出すにはベストなんだ、と。

と、まぁここで大抵の研究は終わるんですが、この研究はもう少し踏み込んで調べてくれておます。

アイデアは寝かせろ

沢山の先行研究から、「時間を空けるといいアイデアを思いつきやすくなる!」って事が分かってます。

机でじっくりアイデアが出るまで粘るよりも、一旦別の事をした方がひらめきが起きやすくなるんですな。

で、この研究でもそこら辺を調査しておりまして、10日後に抜き打ちで「Rebus Puzzles」に挑戦してもらったんですな。すると…

1位:量+お金(1.93ポイント)

2位:高い質+お金(1.75ポイント)

3位:量・質関係なし+お金(0.88ポイント)

4位:低い質+お金(0.58ポイント)

になったらしい。なんと1位と2位が逆転。つまり、長期的には「とにかく沢山アイデアを出せばお金をあげるよ!」という戦略をとった方が良いアイデアが出やすいんだ、と。

面白いですねー。

どれくらいアイデアを寝かせば良いの?

この研究では、もう一つ似たような実験を行なっておりまして、そこから分かった事はといいますと、

  • 20分間他ごとをするだけでも創造性はアップする!

とな。研究者いわく、

我々の研究から分かったのは、インセンティブ(報酬)効果に即時性がないという事だ。

もし、クリエイティブな活動にインセンティブを与えるのならば、20分の休憩でもいいから、距離を取ると効果を十分に発揮するだろう。

まとめ

教育に応用すると?

①すぐにいいアイデアを思いつきたいのなら、「高い質+ご褒美戦略」が有効。

 

②ある程度時間のある場合は「量+ご褒美戦略」を取ろう!

 

③アイデアは寝かせなければならない。20分間でもいいので、一度考えたら他ごとをしよう!(この研究では散歩をしてました)

 

アイデア出しの猶予期間が3日以上なら「量+ご褒美戦略」を取る事をオススメします。

てなわけで、良いアイデアを思いついきたいのであれば、

  1. 自分にとって最高のご褒美を設定する
  2. 解決したい問題についての解決策をとにかく沢山書き出だす(オススメは、時間を決めてその間はずっと取り組む事)
  3. 数日寝かせる(この間に思いつきやすいので、ひらめいたら即時メモ)
  4. 数日前に書き出したアイデアと新たに思いついたアイデアを見比べ、その中から選ぶ!
  5. ご褒美を堪能する

 

ってのがよろしいかと。

私のご褒美は新しい本を買う事なので、これからは「一週間分のネタを作れたら本を5冊買う!」って戦略でブログのネタ出しをしていくつもり。

 

って事で、クリエイティブになりたければ、量+ご褒美+休憩時間!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Steven J. Kachelmeier,Laura W. Wang,Michael G. Williamson(2019).Incentivizing the Creative Process:
From Initial Quantity to Eventual Creativity

Background photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。