親御さん向け

寝室にテレビがあると子どもにとって悪影響しかない!byモントリオール大学

「寝室にテレビを置かないでね!」って研究が面白かったのでご紹介いたします。

これはモントリオール大学の研究で、1859人の子どもを調査した観察研究。

なんでこんな調査をしたのかというと、昔から「テレビって発達を阻害するのでは?」と言われていたからなんですな。

これは、大人がよく言うような「テレビを見てるとバカになるぞ!」てなのとは少し違います。

幼児期には、自分の身体的イメージと外部環境に触れる機会のバランスがとれていると精神が健全に育つと言われているんですよ(つまり、能動性が大事って事)。

ので、ずっとテレビを見てると受動的な時間が増えてしまうため、年齢の割には精神年齢が低いなぁ…という現象が起きてしまうわけです。

この研究では、それを改めて調べたんだと。結果はこんな感じになりまして、

  • 4歳の時に寝室にテレビがあった子は、13歳の時点でBMIが高い傾向にあった!
  • 不健康な食生活を送りやすい
  • 社交レベルも低い
  • 感情のコントロール能力も低い
  • うつ病になりやすい

 

という惨憺たる結果に……BMIとは身長あたりの適性体重を表した指標で、これが高いほど太り過ぎと見なされるんですな。

当ブログでも子どもの肥満について書いた事がありますので、気になる方はあわせてご覧ください。

 

研究者いわく、

小学校に入学する前に寝室にテレビがあり、自由にアクセスできる事は、長期的な健康には良くありません。

観察研究なので、長時間のテレビ視聴→肥満と言い切る事は出来ませんが、当ブログでも「テレビの視聴時間が長いと太りやすいよ!」なんて研究も紹介した事があり、肥満との関係性は強いんだろうなーと思います。

まぁ、4歳の時点で肥満の子は少ないでしょうから、この研究ではテレビ視聴→肥満を証明したようなものですがね。

まとめ

教育に応用すると?

①寝室にテレビは置かない方がいい。

 

②スマホはどうかわからないが、テレビと似た性質がある以上、おそらく同様の肥満効果があると考えらる。

 

③「寝室ではテレビ・スマホにアクセスしない!」というルールは守ってもらおう。

 

「寝る前のスマホは健康に良くないよ!」って話もありますから、遠ざけておいて損はないでしょう。

日中はどれだけ触ってもいいけど、寝る1時間前にはやらない、ってのは最低でも守りたいですな。

 

って事で、寝室にテレビがあると将来太っちゃうから気をつけて!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Linda S. Pagani, Marie Josée Harbec & Tracie A. Barnett(2018).Prospective associations between television in the preschool bedroom and later bio-psycho-social risks

Background photo created by visnezh – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。