子どもの能力UP

ヒーロー番組の方が暴力行為を誘発している説

先日、「ヒーローの方が暴力的だよ!」というおもしろ研究を紹介したんですよ。

半分ネタのつもりで投稿したんですけど、こんな質問をもらいました。

ヒーローは正義である分、暴力を良いものとみなしやすいみたいな事をおっしゃってましたが、そこら辺を詳しく調べてくれませんでしょうか。

あー。データ元がアメリカ小児科学会だったので、それなりの注意喚起をして終わってましたからね。

私もこのエントリの最後に、

ヒーローである分、暴力を良いものとみなしやすくなり、結果攻撃性が上がるって可能性はもしかしたらあるかもしれませんが…

と書きました。まぁ、これはあくまで個人的な予想止まりでしたからね。

って事で、質問も頂いたことですし、調べてみる事にしました。

ヒーローを好きになる理由とは?

で、参考になりそうなのがブリガムヤング大学の研究。

この研究では、240人の子ども(未就学児)のヒーローメディアの視聴時間と1年後の攻撃性を調べたんだと。

さらに、一人一人面談を行い、「なぜそのヒーローが好きなのか?」とかを聞いております。

で、まずヒーローを好きになる理由の割合がこちら。

  • スーパーヒーローのおもちゃが沢山あるから(20%)
  • 何となくカッコいいイメージだから(20%)
  • 対人関係が好き(21%)
  • みんなを守る所が好き・防御力の高さ(10%)
  • 必殺技技が好き・攻撃力の高さ(20%)
  • その他(9%)

防御力に注目する子どもってなかなかシブいっすね(笑)理由としては結構バラバラっすね。

ヒーローの暴力シーンは攻撃性を高めるのか?

で、気になる攻撃性との関係なんですけど、

  • スーパーヒーローと関わる時間が長いと、1年後の攻撃性が高くなる可能性が上がっていた!
  • また、人間関係のトラブルも多い
  • いじめられている子を助ける可能性も低くなる

 

うーーん…ちょっと見たくない結果ですねー。

ヒーローになって人を助けるというよりかは、ヒーローの技を使いたくなるんだ、と。

ちなみに、影響のなかったものとしては、向社会的行動(ボランティアとか人助け)でした。

攻撃性は上がるかもしれないけど、嫌な奴になるわけではなさそうっすね。

まとめ

教育に応用すると?

①ヒーローメディアに触れていると、攻撃性が上がるかも。

 

②また、友達とのトラブルも増えちゃう。

 

③だからといって、自分よがりな子になるわけではない。

 

私の予想が大方当たってしまいました。

ただ、この研究は1年後の影響しか調べてませんし、攻撃性の定義も曖昧なんで、これが確定って訳ではありませんがね。

ヒーロー好きな子(スーパー戦隊とか仮面ライダー)には、「必殺技を使ってお友達を守ってあげてね!」と伝えておくといいでしょうな。

 

って事で、ヒーロー好きな子は攻撃性が高いかもだ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Sarah M. Coyne,Laura Stockdale,Jennifer Ruh Linder,David A. Nelson,Kevin M. Collier and Lee W. Essig(2017).Pow! Boom! Kablam! Effects of Viewing Superhero Programs on Aggressive, Prosocial, and Defending Behaviors in Preschool Children

Cartoon vector created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。