役立つ知識

エイプリルフールの嘘とフェイクニュースの明確な違いとは?

今日は4月1日!つまり、エイプリルフール。年に一回、午前中は嘘付き放題の日(笑)

毎年いろんな企業が面白いネタを投稿したりしてて、盛り上がる日ではあります。

が、最近だと「フェイクニュース問題」が盛んに取り上げられ、エイプリルフールネタを辞める、なんて動きもあるらしい。個人的には好きなんですけどね(Googleのやつとか)。

そんな状況下で、「エイプリルフールのネタを勉強すればフェイクニュースを見分ける力がつきまっせ!」というナイスな研究が出てたのでご紹介。

エイプリルフールネタとフェイクニュースの特徴

これはランカスター大学の研究で、エイプリルフールネタ500個とフェイクニュースとの違いを分析したもの。

どうやら、エイプリルフールに投稿される嘘とフェイクニュースとでは、違いがあったらしいんですな。

どんな感じだったのかというと、

エイプリルフールに投稿される嘘ネタの特徴

  • 記事の長さは短め
  • ところどころユニークな表現がある
  • 一文は長め
  • 読みやすい(専門用語とかが少ない)
  • 具体的には決まってない予定を盛り込んでいる(数年後の秋あたりに開始する、とか)
  • 現在行われているイベントや出来事を参照している
  • 過去のイベントへの記述は少なめ
  • 固有名詞も少なめ
  • 主語は一人称(これは英語の研究なので日本だとどうかはわからない)

フェイクニュースの特徴

  • 記事の長さは短い
  • 読みやすい(専門用語とかが少ない)
  • 単純化した表現が多い(心が洗われるような見た目→きれい、みたいな)
  • 句読点は少なめ
  • 固有名詞を盛り込む
  • 誤字が意外と多い
  • 特定の日時が記述されている(7月4日とか4月25日11時とか)
  • 主語は一人称

エイプリルフールの嘘ネタでフェイクニュースを見抜こう!

上で紹介した特徴をチェックリストのようにして使うのもありですねー。

ただ、少し情報が多めなので、3つくらいにまとめると(人は4つ以上になると覚えられないから)、

エイプリルフールネタは、

  1. 固有名詞が少ない
  2. そもそもジョークを前提としているからユーモラスな表情が多い
  3. 特定の日時を記載してない

フェイクニュースは、

  1. 固有名詞が多い
  2. 特定の日時を記載している
  3. 読みやすい

 

って感じでしょうか。これらの条件をコンピューターにプログラムしたところ、65%以上の確率でフェイクニュースを見抜けたそうな。

フェイクニュースって見抜くのが難しいので、そこそこ優秀な結果ですな。

まとめ

人は、わかりやすい文章を信じやすい、という特徴がありましてね。

フェイクニュースが読みやすいのも人を騙すためなんでしょうな。

ちなみに、私のブログはちゃんと論文をベースに書いてまして、信頼性は高めなのでご安心下さい(説がひっくり返る事はありますけど)。

フェイクニュースに関していうと、

 

あたりも参考になりそうなので、子ども達のネットリテラシーを高めたい。フェイクニュースに踊らされたくない!って方はあわせて読んでみてください。

ちなみに、今日は新元号の発表日ですが、実際に変わるのは5日1日からなので新元号詐欺にはご注意を(この記事の執筆が3月30日なのでまだ新元号は知らない)。

 

って事で、フェイクニュースとエイプリルフールネタには違いがあるんやで!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Edward Dearden and Alistair Baron(2019).Fool’s Errand: Looking at April Fools Hoaxes as Disinformation through the Lens of Deception and Humour

Business vector created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。