親御さん向け

絵本をよく読む子は5歳の時点で140万語も多く言葉に触れている事になるらしい

子どもの頭を良くする3大家庭教育」に読み聞かせが入っております。

いろんな知育玩具がある中で、シンプルに子どもと絵本を読んだ方が効果的なんですな。

そこで、オハイオ州立大学が、どれだけ読み聞かせが大事なのかの研究を発表してくれてまして、なかなか参考になりました。

絵本読む子は100万語も多く言葉に触れている

この研究では、無作為に30冊の絵本を選び出し、1冊の絵本に含まれている単語の数を数えたんだと。結果はこのようになりまた。

  • ボードブックには平均140語含まれていた
  • 絵本には平均228語だった

だいたい400文字の日本語を英語に翻訳すると220語くらいですから、上の数字に1.8をかければざっくりとした文字数が出ますね。

で、この数字をもとに、産まれてから5歳になるまでに読める絵本の数を計算したところ(1回で1冊として)

  • 週1から2回の読書6万3,570語
  • 1週間に3から5回の読書16万9,520語
  • 毎日読書29万6,660語

これは、1回の読み聞かせで子どもが触れる語彙の数です。

ちなみに、読書頻度の多い子は1日に5冊ほど読むらしいんですけど、そうなると、148万3,300語になるそうな。

研究者いわく、

識字率の高い環境で育った子供たちと、一度も読んだことのない子供たちとの間で100万語を超える単語の格差がある。

この現象を研究者らは、「100万語ギャップ」と呼んでました。

「100万語ギャップ」が読解力の違いを生み出しているのかも

子どもが本の中で触れる言葉は、家庭で両親や他の人と話すだけの言葉よりもはるかに複雑で難しい言葉です。

そもそも人間は文字を読むようには進化しておりません。故に、文字を読むのは苦手なんですな。

だから、日本語をスラスラ話せても本が読めないって現象が起こるわけです。

読書頻度の多い子はそうでない子よりも約140万字も多く触れていますから、そりゃ読解力も違ってくるよなーと。

同じ本を読み聞かせても効果あるの?

少し前にこんな質問を頂いていました。

絵本の読み聞かせは同じ本でもいいのでしょうか?出来るだけ変えた方がいいですか?

この研究にその答えがあったので、ここで回答しておきますね。遅くなってすみません!

  • 読み方を変えていけば同じ本でもOK!

何度も同じ本を読んでいると、次第に読み方が変わっていきますよね。表現を変えたり、豆知識を追加して読んだり。

このように、追加の要素を加えていけば同じ絵本を読んでいても語彙力が上がっていくらいしです。

本が変われば触れる語彙も変わりますから、いろんな絵本を読むに越したことはありません。

そうは言っても、ホイホイと絵本を買う余裕はないでしょう。ので、バリエーションを増やすってのを意識していただければとりあえずOKです。

まとめ

教育に応用すると?

①出来れば絵本の読み聞かせを毎日やっていきたい。

 

②全く絵本を読まない子は読む子に比べて140万語も触れる単語が少ない。

 

③読み聞かせにバリエーションをつけよう!豆知識を教えてみたり、別の結末を想像してみたりすると、沢山絵本を買わなくても語彙力を上げられる。

 

絵本についてはこんな記事も書いてますので、興味があればあわせて一読くださいませ。

 

って事で、どんどん絵本の読み聞かせをしていこうね!って話でした

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Jessica A. Logan,Laura Justice,Melike Yumuş and Leydi Chaparro-Moreno(2019).When Children Are Not Read to at Home: The Million Word Gap

Girl photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。