教師力UP

教師の仕事の満足度を測る9つの質問

学校としては働いている先生達の職務満足度も知っておきたいところです。

カリキュラムを実行するは実際に子ども達と接する先生達ですから、彼らの声を無視して学校を運営していくのは現実的ではありませんからね。

そんな訳で、今回は「仕事の満足度を調べるアンケート−教師版」をご紹介。

仕事の満足度を測る9つの質問

これは、イタリアとスイスの研究でして、アメリカ・オランダ・ロシア・イタリア・パレスチナ・中国の6ヶ国の小学校教員のデータをもとに、「教師の職務満足度尺度」を調べたもの。

つまり、あらゆる国のデータを分析して、満足度を正確に測る質問を調べたわけですな。

で、有効とみなされた質問が下の9つ。

  1. 同僚との関係の質はいいか?
  2. 同僚はあなたを励まし、仕事をサポートしてくれているか?
  3. 同僚との全体的な満足度は?
  4. 生徒は自主的に行動しているか?
  5. 生徒の言動に対する満足度は?
  6. 学校の校則や方針に対するあなたの全体的な満足度は?
  7. 親御さんは子どもの教育に関心を持っているか?
  8. 親御さんは学校のカリキュラムや行事を支持してくれているのか?
  9. 親御さんはあなたの仕事ぶりに満足しているか?

 

1点(全くそう思わない)〜5点(非常にそう思う)の5段階でお答えください。

それぞれの関連性とか

気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、1〜3は職場環境について。4〜6は子どもについて。7〜9は親御さんについての質問です。

相関関係にするとこんな感じ↓

どれも相互に影響し合ってますが、

  • 職場環境が良くなれば、子どもの関係がよくなる
  • 子どもとの関係が良くなれば、親御さんとの関係も良くなる

という事が言えますな。ので、職場環境の満足度が低ければ、学級運営が上手くいっていない可能性があるかもしれません。

まとめ

この9つの質問に答えていくと、改善点がわかります。

仕事が上手くいっていないのは、

  • 同僚との交流が少ないからなのか?
  • 子どもといい関係が築けていないからなのか?
  • それとも、親御さんと上手くコミュニケーションが取れいないからなのか?

 

学校全体でデータをとれば、学校の改善点が浮き彫りになりますし、個人でやれば自分の改善点がよくわかるでしょう。

相関係数的に言えば、子どもといい関係が築ければあとの2つにもポジティブな影響が出そうなので、とりあえず子どもと仲良くなるってのは取り組んでおきたいですな。

 

って事で、教師の職務満足度を調べる9つの質問でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Alessandro Pepe, Loredana Addimando and Guido Veronese(2017).Measuring Teacher Job Satisfaction: Assessing Invariance in the Teacher Job Satisfaction Scale (TJSS) Across Six Countries

School photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。