役立つ知識

仕事で作り笑顔が多いと飲酒量が増えるかもだ!

「仕事で作り笑顔をしていると飲酒が増えるよ!」って研究が笑い事じゃないけど面白かったです(笑)

作り笑いでストレスが余計に溜まる?!

これはペンシルベニア州立大学の研究で、サービス業についている人の笑顔頻度と飲酒状況を調べたんですな。

対象となったのは、飲食店の店員・看護師・教師とかとか。

感情を押し殺して笑顔にならなきゃいけない職業についている1592人の人達を調査したんだと。そしたら、

  • 仕事での不快感を笑顔で隠している人は、仕事終わりにお酒を沢山飲みがち!

 

だったらしい。仕事中に自制心を使いすぎたせいで、お酒の歯止めが効かなくなっちゃうみたい。

私は基本的にお酒を飲まないようにしているので共感できませんが、確かに、知り合いの様子を見ていると、愚痴ってる時の方が飲んでる気がするなぁ。

レッツ・ジョブクラフト!

さらに、こんな事も判明したそうで、

  • 仕事に価値を見出せている場合は、この問題を引き起こしにくくなる!

 

「仕事だから!」と思っている人は、お酒の歯止めが効かなくなっちゃうらしいんですが、「この仕事には意味があるんだ!」と思えている人は作り笑いをしていてもそんなに飲酒量が増えなかったらしい。

まさに、ジョブクラフトっすな。

ジョブクラフトとは、仕事に意味や価値を見出していくテクニック。

つまり、ジョブクラフトさえやれば、自制心の崩壊を防ぐ事ができるかもって事ですね。

ジョブクラフトって何?って話は過去にしてますんで、よろしければ下のリンクからご覧くださいませ。

まとめ

教育に応用すると?

①仕事で作り笑いをしていると、プライベートでの飲酒量が増えがちになるから気をつけよう。

 

②特に教師はストレスによる飲酒量が異業種よりも多いので、定期的なストレスケアをするか、ジョブクラフトをしておこう。

 

③仕事だから、というスタンスでやっていると自制心が崩壊するかも。どんな仕事にも意味を見出しておきたい。

教師の飲酒に関しては下のリンクからどうぞ。

私はお酒を飲まないようにしているので、こんな問題は起きませんが、代わりに、ストレスが溜まるとAmazonで本を爆買いしがちなんですよ(笑)

健康にも問題ないし、実用的なので正当化してますが、こっちの方がお酒よりも高くつくのでなんとかしたい…

 

って事で、仕事で作り笑顔が多いと飲酒量が増えるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Grandey, Alicia A.,Frone, Michael R.,Melloy, Robert C.,Sayre and Gordon M.(2019).When are fakers also drinkers? A self-control view of emotional labor and alcohol consumption among U.S. service workers.

Woman photo created by asierromero – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。