子どもの能力UP

自分の性格とマッチした仕事に就くとどれだけ年収は高くなるの?

仕事を選ぶ際に、適性診断をやったって人もいるのではないでしょうか。

人材派遣の大手マイナビさんでも、「適職診断MATCH」なる分析サービスがあったりしますし。

根底にあるのは、自分の性格に合った仕事に就けば、上手くやっていけるよ!って理論でしょう。

今回は、「それってどこまで本当なの?」・「本当だとしたら、適性のある仕事に就くとどれだけメリットがあるの?」みたいな事を考えてみようかと思います。

性格と仕事

参考にしたいのが、心理学について研究している組織APSから出た研究。

この研究では、平均年収416万円の男女8458人の性格と仕事の成果を調べたんですな。

性格診断は、「ビッグファイブ」を元に計測。ビッグファイブとは、5つの項目で人の性格を測る最も信頼のあるテスト。詳しくはこちらから↓

自分のビッグファイブを知りたいよ!って方はこちらへどうぞ↓

 

で、どんな結果だったかと言いますと、

  • 外向性・開放性・協調性がマッチしていると高収入な傾向にあった!

 

自分のビッグファイブがどの程度なのかは上のリンクから確かめてもらうとして。

仕事で成功したいのであれば、

  1. いろんな人と関わって仕事をしたいのか、そらとも一人で黙々とやりたいか?(外向性)
  2. 自分の好奇心を満たしてくれる仕事なのか?(開放性)
  3. 人助けをしたいのか、自己実現を優先したいのか?(協調性)

 

この3つの観点にマッチしているほどいいって事です。

ただ、実際に自分の性格とマッチした仕事に就けている人は二人に一人くらいでした。

具体的には、

  • 自分の開放性にあった仕事に就けていた人は58%
  • 外向性は78%
  • 協調性は44%
  • 誠実性は46%
  • 神経症的傾向は36%

 

このデータを見ると、仕事の満足度を下げているのは、

  1. 周りに合わせなければならない為、自分の目標が実現できない(協調性の不一致)
  2. 規則を守って不正のないクリーンな仕事がしたいのに、不正行為が横行してる(誠実性の不一致)
  3. 不安や緊張を感じやすいのに、常にプレッシャーにさらされている(神経症的傾向の不一致)

 

ですかねー。この3つは仕事選びの際に気付きにくいですから、ミスマッチが起きやすいのかも。

性格に合った仕事に就けばどれだけプラスなの?

  • 外向性が一致していると、年収は約28万円プラスになる
  • 協調性が一致していると、約50万円プラス
  • 誠実性が一致していると、約1万7000円マイナス
  • 神経症的傾向は一致していようが年収は変わらない
  • 開放性が一致していると、約41万円プラス

 

お金が欲しければ、自分の協調性と開放性にマッチした仕事に就け!って事になりますね。

誠実性の一致がマイナスになってる原因はよくわかりませんが、マニュアル通りになりすぎてむしろ上手くいかないのかもですな。

これは年収が400万弱の人達のデータですから、年収が多ければ、性格の一致によるプラス効果はもっと大きくなる可能性があります。

まとめ

性格と仕事の関係についてざっと見てきました。

いろんなところで適性診断が行われていますが、なんの理論を元にしているかわかんないので、これがオススメ!とまで言い切れませんが……

とりあえず、ビッグファイブは測っておいて損はないかなーと思います。

最後に軽くまとめておくと、仕事の満足度を上げたいなら、

  • 自分の協調性と誠実性と神経症的傾向の高さとマッチ仕事に就く

年収を上げたいなら、

  • 協調性と開放性の高さとマッチした仕事に就く

ですね。

 

って事で、性格とマッチした仕事に就けば年収は高くなるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Jaap J. A. Denissen, Wiebke Bleidorn, Marie Hennecke, Maike Luhmann, Ulrich Orth, Jule Specht and Julia Zimmermann(2017).Uncovering the Power of Personality to Shape Income

Business vector created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。