親御さん向け

【ゲームのガイドライン】ゲームは1日に何時間まで?

こんなご意見をいただきました。

ゲームはいいって話を良くしていますよね?確かに、研究で示されているなら正しいのだろうと思います。

しかし、何事もやり過ぎは良くないのではないでしょうか?ゲームばっかりやっていたらやはり学業に支障をきたすと思います。

確かにごもっともな意見でございます。

当ブログでは、ゲームは頭が良くなるからやった方がいいよ!って話をしているんですな。

世間で言われているよりもゲームってそこまで悪ではない、と。

 

とは言えやっぱりやり過ぎは良くないのも事実。プロゲーマーやゲームの配信者になるならまだしも、多くのケースはただの趣味止まりでしょうからね。

という事で、ここいらでゲームのガイドラインを示したいと思います!

週に何時間以上やるとアウトなのか?

参考になりそうなのが2016年にスペインで行われた研究。

これは、7歳から11歳の子ども2442人を対象に、ゲームのプレイ時間と脳の状態を調べたんですな。

教育系の一般的な研究だと、ゲームのプレイ時間と成績を比べて相関を出すくらいですけど、この研究は脳の状態まで調べてくれているので、ゲームの真の影響を知ることが出来るナイスな研究。

そしたら、ゲーム時間のガイドラインが判明しまして、

  • 週に9時間以上やると悪影響が出始める!

具体的には、

  • 友達とのケンカが増える
  • 向社会的行動(人助け)が減る

らしい。これは「ゲーム時間の長い子は1.88倍も頭がいい」でも同じような結果が出ていたので納得ですな。

ゲームは脳にいい!

  • ゲームをしている子は学習に必要不可欠な脳の神経回路が強化されていた!

 

ゲームを少しでもプレイしていると学習スピードが速くなるみたい。

いわゆる、飲み込みの早い子になるって事ですね。確かにゲームをすると新しいルールや操作法をその都度学ぶことになりますから、脳の可塑性は高くなるよなーと思います。

ゲームをする→頭が良くなるってのはあながち嘘じゃないかもですねー。

まとめ

教育に応用すると?

①ゲームは週9時間以内に留めよう!(1日1時間17分が目安)

 

②この時間以内ならゲームのメリットはデカイ!

 

②もしかしらゲームをしている人の方が社会で上手くやっていけるかも。臨機応変な対応が求めれる教師こそ、ゲームを趣味にするのはアリ!

 

論文を見ている感じ、スマホゲーム(タップするだけのもの)はもしかしたらメリットがないかも…?

もしゲームで頭を良くしたいのであれば、

  • 戦略ゲーム
  • 臨機応変な対応を求められる自由度の高いゲーム
  • いろんなゲームをやる

 

この3つでしょうかね。なんかゲーム買おうかな。

 

って事で、ゲームは1日に1時間17分までならデメリットは無いよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Jesus Pujol,Raquel Fenoll,Joan Forns,Ben J. Harrison,Gerard Martínez‐Vilavella,Dídac Macià,Mar Alvarez‐Pedrerol,Laura Blanco‐Hinojo,Sofía González‐Ortiz ,Joan Deus and Jordi Sunyer(2016).Video gaming in school children: How much is enough?

Technology photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。