役立つ知識

好き嫌いの激しい子は便秘になりやすい

シカゴにあるアン&ロバートH.ルリー小児科病院から、「便秘がちな子は刺激に弱いよ!」という研究が発表されましたのでご使用いたします。

何割の子が便秘なの?

アメリカだと慢性的な便秘に悩まされている子の割合は、3〜29%もいるらしい。多いっすね。

一方日本だと、ハッキリした事が言えないながらも、割合としては10%前後なんだと。

小児慢性機能性 便秘症 診療ガイドライン

編集:日本小児栄養消化器肝臓学会・日本小児消化管機能研究会

だいたい左利きの割合と同じくらいっすね。

便秘になりやすい子の特徴とは?

今回紹介する研究では、

  • 慢性的な便秘に悩む3歳から5歳の子ども66人
  • そうでない子66人

 

を集め、刺激の感度・普段の行動・感覚処理パターンを調べたところ、こんな事が判明したそうな。

  • 便秘がちな子は外部からの刺激に敏感!

研究者いわく、

慢性的な便秘には、刺激への反応が鈍い事よりも、反応が過敏である事と相関が強かった。

刺激に敏感かどうかを簡単に見分ける方法はと言いますと、

  • 好き嫌いが多いか少ないか

 

でわかります。好き嫌いの激しい人って、

  • 食べ物の質感
  • 味や匂い

に敏感という事が分かっているんですな。敏感過ぎると多くの食べ物に異物感を強く感じてしまうため、好き嫌いが激しくなるんですよ。

まだハッキリした事は言えませんが、ADHDや自閉症の子も外部の刺激に敏感なので、もしかしたら便秘になりやすいのかも。

まとめ

教育に応用すると?

①好き嫌いの激しい子は便秘になりやすい。

 

②日本は幼児の便秘率が低いものの、10%は慢性的便秘に悩まされている。

 

③接触障害や発達障害を抱えていると、便秘を引き起こしやすくなるかも。音や光の感度を減らしていこう。

 

過敏性が便秘と関連しているんだそうで。具体的にコレだ!って解決策は私の守備範囲外なのでわかりません…

一番はお医者さんに相談する事ですが、とりあえず、刺激を減らしていくのがいいかと思われます。

 

って事で、好き嫌いの激しい子は便秘になりやすいよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Lauren M. Little, Kathryn Benton, Maria Manuel-Rubio, Miguel Saps and Mark Fishbein(2019).Contribution of Sensory Processing to Chronic Constipation in Preschool Children.

People photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。