役立つ知識

道徳的な行動を促す色

最近、知り合いからロゴのデザインについて意見を求められてまして、関連論文を漁っておりました。

その中で、「ロゴの色で印象変わるよ!」って研究が面白かったんでメモしておきますね。

色彩心理学をディスった手前こんなエントリを書くのもあれなんですけども…(笑)

道徳的な判断を下してもらいやすくなるロゴの色

今回ご紹介するのはオレゴン大学とシンシナティ大学の研究で、「ロゴの色って消費者の行動に影響を与えているの?」ってのを調べたんだと。

実際、ロゴの色によって影響力が違っていたらしいんですな。で、研究で判明した事を書いていきますと、

道徳的行動を促すロゴの色

1位:ウォルマートブルー

2位:サムズグリーン

3位:クローガーブルー

道徳的行動を促さないロゴの色

1位:ターゲットレッド

2位:トレーダージョーレッド

3位:アルディブルー

人は色の影響を自覚していない

実験参加に、「環境に優しい色ってなんだと思います?」って聞くと、緑と答える人が多かったにも関わらず、一番道徳的判断を促したのが青色だったそうな。

これも面白いですねー。

まとめ

教育に応用すると?

①道徳的な行動を促したいなら、青色。NPOとかのロゴは青系がオススメ。

 

②コンセプトが娯楽系ならロゴの色は赤にするといいかも。

 

③人は色の影響を自覚してない。

 

当ブログのメインカラーは青ですから、教育系のブログとしては適してるかと。

完全に私の好きな色で決めたんですけどね(笑)

ただ、「寄せられた質問に答えるエントリpart4色彩心理学・おススメの本・論文の探し方」で述べた様に、色の影響は個人の経験に依存する!という事がわかってますから、万人に同じような影響があるとは言えません。

なので、「青色は悪魔の色」という文化だとまた違った結果になるかと思われます。

そんな訳で、「色で人を動かせるんや!」というインパクトは期待できないかもなので、そこら辺はご理解下さい(笑)

 

って事で、道徳的な行動を促したいなら青か緑を取り入れるといいかもねーって話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Aparna Sundar & James J. Kellaris(2015).How Logo Colors Influence Shoppers’ Judgments of Retailer Ethicality: The Mediating Role of Perceived Eco-Friendliness.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。