子どもの能力UP

人生の満足度を著しく高めるもの。それはワンネス

一体感を感じている人は人生の満足度が高い!」って研究が面白かったのでメモ。

人はみんな繋がっている。

何やら、スピリチュアルや宗教の様な考え方ですよね。我々は、1つの信念で繋がっているんだ、と。

一体感って英語にすると「ワンネス」でして、スピリチュアル用語でよく使われるんですな。

神の原則、人生、世界、他の人々、あるいは活動とさえも一体となっているという感覚の意味は、さまざまな宗教の中で議論されてきましたが、それは、あらゆる分野の科学的研究においても議論の的である。

一体感は学校教育でも重視されている事だと思います(一致団結して、みたいな)。

で、マンハイム大学が一体感について調べたんですって。

まず、7137人を対象に、一体感を感じている度合いと人生の満足度を調べたところ、

  • 一体感を感じている人ほど人生の満足度が著しく高い!
  • 調査の3週間後に再度調べても同じ結果だった!

 

「私はクラスの一員なんだ!」という感覚は人生満足度に欠かせないだけでなく、長期的に影響を及ぼし続けるみたい。

過去にも、「グループに所属するだけで自尊心がアップするよ!」って話もありましたから、確かにそうかもですね。

 

次は、6万7562人を対象に、特定の信仰が重要なのか、それとも一体感自体が重要なのかを調べたんだと。

参加者はプロテスタント、カトリック、ユダヤ、イスラム、仏教と言った有名所と無神論を集め、一体感を測定。結果を引用しますと、

無神論者たちがサンプルの中で最低レベルの一体感を持っているのは驚くべきことではなかったが、一体感の感じ方は、宗教団体によって非常に異なっていて、イスラム教徒が最高レベルを持っていた。

やっぱり、無神論者だと一体感を感じにくいみたい、ただし、

一体感の要素を取り去ってみると、人生の満足に対する宗教的所属の良い効果の多くは消えました。

特定の宗教を信仰していると一体感を高めやすいものの、宗教自体が重要なのではないんだ、と。

あくまで「一体感」を感じる事が出来ればいいみたい。

どうすれば一体感が持てるようになるのか?

解決策は簡単で、

  • 共通の目標に向かって進むコミュニティに所属する!

です。具体的には、

  • ボランティアへの参加
  • ラジオ体操
  • ヨガ
  • フィトネスクラスへの参加
  • チームスポーツ

とかとか。誰かと共通の目標に向かって進む活動をすれば一体感を感じやすくなりすよ。

まとめ

教育に応用すると?

①運動会や学芸会といった行事は子ども達の一体感を高める最高のもの。

週一か月一でクラス全員で協力しなければ達成できない取り組みを設けてみよう!

 

②受験シーズンには、生徒に「やり方は違えど、みんな同じような目標に向かって頑張っているんだよ!」と声かけしよう。

 

③誰かと協力して目標を達成するようなアクティビティに参加してみよう!出来れば仕事以外でそのような機会を設けたい。

一体感が人生の満足度において重要との事で。

一体感ってスピリチュアル色が強いので、少しばかり抵抗感ありましたけども、科学的に裏付けされたからには積極的に取り入れていくつもり。

 

って事で、一体感を持つと人生がより良くなるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Edinger-Schons and Laura Marie(2019).Oneness beliefs and their effect on life satisfaction.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。