役立つ知識

死産のリスクを2.6倍減らす寝方

死産のリスクを減らす妊娠中の寝方」って研究が面白かったのでメモ。

これは、オークランド大学の研究で、過去の研究から質の高い研究を6つ選び出し分析したもの。いわゆる、メタ分析と言うやつで信頼性はピカイチでございます。

で、早速結論を申し上げますと、

  • 妊娠28週目から仰向けで寝ると死産のリスクが2.6倍高くなる!

 

らしいです。という事で、妊娠28週目からは横向きに寝た方がいいとの事。

しかも、妊婦の体重・喫煙・持病といったあらゆる要素を排除してもこの傾向が見られたそうなので、シンプルに寝方が影響してるみたい。

日本のデータだと、死産の一番多い時期は、妊娠22~23週くらいでして、死産の33%を占めているそうなので、この時期から横向きで寝るように意識しといても良さそうっすね。

ちなみに、向きは右でも左でも関係なかっだとのこと。なので、寝やすい向きで寝て頂ければと思います。

まとめ

寝方で死産のリスクが減らせるならやるしかないですよね。

妊娠に関してはこんな記事も書いてますので、気になる方はご覧くださいませ。

 

って事で、妊娠中は横向きで寝よう!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Robin S.Cronin,MinglanLi,John M.D.Thompson,Adrienne Gordon,Camille H.Raynes-Greenow,Alexander E.P.Heazell,Tomasina Stacey,Vicki M.Culling,Victoria Bowring,Ngaire H.Anderson,Louise M.O’Brien,Edwin A.Mitchell,Lis M.Askie and Lesley M.E.McCowan(2019).An Individual Participant Data Meta-analysis of Maternal Going-to-Sleep Position, Interactions with Fetal Vulnerability, and the Risk of Late Stillbirth.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。