教師向け

間違えてない?年齢によってアイデアの思いつき方が違いますよ!

一般的に、高い創造性を発揮出来るのは若い頃だと考えられています。

子ども達の発想に驚かされた事は誰しもあるでしょう。そして、同時に羨ましいとも思ってしまいます。

こんなことが起こるのも、子どもには知識がないからです。知らないからこそ自由な発想ができるんですな。

そこで、「年齢によって発想方法が違うよ!」って研究がオハイオ州立大学から出てました。これが面白かったのでご紹介。

いつ創造性が高くなるの?

あなたが創造的なピークを迎えるのが早い時期か遅い時期かは、概念的なアプローチと実験的なアプローチのどちらであるかによって異なります。

研究者は創造的な人には2パターンあるとおっしゃっておりまして、

  • 概念的イノベーター・・・既存の概念にとらわれる事なく、全く新しいものを作り上げる人(例えばiPhoneとか)

 

  • 実験的イノベーター・・・トライアンドエラーを繰り返して、地道に新しいものを作り上げていく人(エジソンの電球とか)

 

研究者は、31人のノーベル賞受賞を対象に、

  • どちらのアプローチをとってたのか?
  • ノーベル賞を受賞した年齢は?

 

ってのを調べたそうな。すると、こんな事が判明しまして、

  • 概念的イノベーターは25歳〜29歳で創造性がピークになる!
  • 実験的イノベーターは50代半ばから57歳でピークになる!

 

若い頃は分野の常識を根底から覆すアイデアを思いつきやすく、歳をとるとそのような発想が出来なくなるらしい。確かになー。「落ちぶれた天才」とか言われますもんね。あれは、若い頃と同じようなアプローチをしているからなんだ、と。

どうやら年齢によってアプローチを変えた方がいいみたい。

科学者のピークは30代

分野によって創造性のピークが多少異なっていたそうで、

  • 研究者は創造性のピークが30代半ばから40代前半!

だったそうな。研究者いわく、

これは、科学という性質に起因している。

(中略)

科学という分野において創造的であるという事は、その分野に近づく事でもたらされるものだからだ。

科学の世界で成功するには沢山の知識がなければ無理。そのため、他の分野よりも遅いんだ、と。

博士号を取得するだけでも30前後になってしまいますからね。そっからガッツリ研究すると考えると……それくらいの年齢になりますわな。

まとめ

教育に応用すると?

①20代の頃は、「ひらめき」を大切にし、思いついた面白いアイデアを試していこう!

 

②50代になったら、試行錯誤!少しづつ改善していき、地道にコツコツをモットーにしていこう!

 

③昔と同じアプローチをしていては高い創造性が発揮できない!

経験の浅い時は概念的アプローチ。ある程度経験を積んできたら実験的アプローチに切り替えていこう!

 

いやー。勉強になりました。私は20代なんで、とりあえず概念的アプローチをとって教育をより良くするアイデアを色々考えていこうかと思っております。

当ブログでは、創造性に関して色々書いてますんで、ご興味があればご覧ください。

 

って事で、年齢によって発想のアプローチを変えていこう!って話でしたー。

 

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Bruce A. Weinberg and David W. Galenson(2019).Creative Careers: The Life Cycles of Nobel Laureates in Economics.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。