役立つ知識

【ゴシップの科学】実は男の方がゴシップ好き?!人の会話を記録したらゴシップに関する真実が沢山判明

ゴシップ(gossip )

噂話。個人的または他人に関する興味本位のうわさ話。

何かと盛り上がる話題といえばゴシップ系のお話。

  • 隣の奥さんって浮気しているらしいよ!
  • あいつ仮想通貨で相当儲けたらしい
  • あの俳優と女優って付き合ってるらしい

とかとか。人はゴシップネタが大好きなんですな。私は生産性を感じないのでこの類の会話は好きではありませんが、会話のきっかけとして結構使います。

なぜいきなりゴシップの話をし始めたかと言いますと、最近読んだ論文がゴシップの研究だったからです。

人は1日に何分ゴシップ系の話をしているの?

ゴシップをガッツリ調べてみたぞ!」という研究が最近カリフォルニア大学から出まして、これが面白かったのでご紹介。

この研究では、5つの研究を通して(総サンプル数467人)どんなゴシップを好んで話すのかとか、ゴシップが好きな人の特徴とか調べたんですって。

実験参加者にはボイスレコーダーを携帯してもらい、1日の会話を記録してもらったそうな。

ちなみに、この論文ではゴシップの定義を、「その場に存在しない人に関する話」としてゴシップをカウントしております。そしたら、

  • 人は1日にゴシップ系の会話を平均で52分している!

って事が判明したんだと。結構してますねー。割合としては会話の14%でした。うーん、そりゃメディアで有名のゴシップが大半を占めるわけだ。

ゴシップ好きな人ってどんな人?

この研究では、

  • ポジティブゴシップ・・・あいつは仕事のできるやつだ!みたいな
  • ネガティブゴシップ・・・あの先生の話面白くないのに無駄に長いよね〜みたいな
  • ニュートラルゴシップ・・・次のドラマの主演はあの俳優に決まったらしい。とか

 

に分類して、ゴシップの傾向を分析したんだと。そしたらこんな事実が判明しまして、

  • ゴシップの4分の3は中立ゴシップだった
  • ネガティブゴシップはポジティブゴシップの2倍多い
  • 特に若者はネガティブゴシップが多め!
  • ゴシップの大半は知り合いについて(有名人に関するゴシップの約9倍)
  • 富裕層・高学歴な人ほどゴシップ系の会話が多い
  • 女性は男性よりもニュートラルゴシップが多い!

 

意外な結果が多くて面白いですねー。

ネガティブゴシップが多めなのは薄々気づいてましたけど、他は直感と反してました。

特に面白かったのが、女性の方がニュートラルゴシップが多いってところ。個人的に女性の方が愚痴とか嫌味を言っていると思ってましたけど、実は男性の方が多いそうで。調べてみないとわからないもんですなぁ。

若者にネガティブゴシップが多いのは何となくわかりますよね。色々制約がありますし…

まとめ

という事でゴシップの実態でした。

意外と有名人に関する話ってされてないそうなので、マーケティングに関わっている人は口コミ戦略で攻めた方が広まりやすいかもですね。

ネガティブゴシップは共通の敵を作る助けとなり、団結力を強める働きがあります。なので、上手く使えば他人との距離を縮められるんですな。

が、この研究によると、ゴシップばかり話す人は軽蔑される傾向にあるそうなので、ほどほどにしておきましょう。

 

って事で、ゴシップの実態でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Megan L. Robbins and Alexander Karan(2019).Who Gossips and How in Everyday Life?

House photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。