役立つ知識

妊娠中に飲んでもいいお酒の量ってどのくらい?

多くの方が妊娠したらお酒を控える事でしょう。

お母さんの食事が胎児の栄養になりますから、お酒を飲めば当然アルコールも届いてしまいます。

普通に考えて、アルコールは脳細胞を壊しますので、成長中の胎児に良くないのは明らか。

ただ、1ミリも飲んだらダメなのか?と言われると医者でもハッキリしたことがいえなかったんですな。

そんな状況下で、「妊婦さんのアルコールガイドラインはコレだ!」って研究がアメリカ物理学研究所から出ました。

妊娠中に飲んでいいお酒の量は?

早速答えです。

  • 一ミリでも飲んだらダメ!

 

でした(笑)うーん、そうですか。適量はなかったんですね。

我々の研究は、妊娠中のアルコール摂取において、安全な量や飲んでもいい時期などない事を示している。

ズバッと言ってくれますね。どうやら少しでも飲むと胎児の脳に何らかの悪影響が出ちゃうらしい。

妊娠中なのにお酒を飲んでしまうと産まれてくる子が、

  • 統合失調症
  • 多発性硬化症
  • 自閉症
  • 鬱傾向
  • その為過敏性

になりやすくなるそうな。これは避けられるなら避けたいですねぇ…

出生前のアルコール摂取は、子ども達の認知能力の喪失につながり、その他の二次的な影響を及ぼす可能性がある。

まとめ

という事で、

  • 妊娠が発覚したその日からお酒は飲まない!

 

がガイドラインになります。お酒好きには辛いかもですが、産まれてくる子の事を考えれば…ね?

 

って事で、妊娠中のアルコール摂取ガイドラインでしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Lin Gao, Celso Grebogi, Ying-Cheng Lai, Julia Stephen, Tongsheng Zhang, Yuanli Li, Haipeng Ren, Dichen Li, Jue Wang, Bjoern Schelter, and Linda Sommerlade(2019).Quantitative assessment of cerebral connectivity deficiency and cognitive impairment in children with prenatal alcohol exposure featured.

Background photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。