親御さん向け

「SNSで不幸に!」が否定された件

当ブログではスマホの研究を追っかけてまして、気になるものは優先的に紹介しております。

 

というのも、スマホの影響って未だハッキリとした事が言えないため、信頼に足る書籍がほとんどないんですな。なので、最新の研究を追っていくしかないんです。

という事で、今回も最新のスマホ研究を一つご紹介いたします。

SNSで人生の満足度はどこまで下がる?

今回ご紹介するのは、オックスフォード大学の研究で、10〜15歳の子ども1万2672人のSNSの利用時間と人生の満足度に関するデータを分析したもの。

で、早速結論をから申し上げますと、

  • SNSは人生の満足度を下げない!(相関係数−0.13)

 

SNSをやろうが問題ないみたい。そもそも、SNSがよくないと言われるのも、

  1. 基本SNSには人生の良い所しか載せない
  2. 他人の幸せな瞬間を沢山目にする
  3. それに比べて自分の人生にはそんな瞬間が少ないと感じる
  4. 人生の満足度が低くなる

となるので、「SNSの見過ぎは良くないよ!」と言われるわけですが、今回の研究ではガッツリ否定されてしまいましたね。

人生の満足度が低下するとSNSを見がちになる

ただ、「人生の満足度が低下するとSNSの利用時間が増える!」って傾向も見てとれました。

これは過去の研究結果とも合致しているので、おそらく正しいのだろうと思います。

あと、男女別に見てみると、女の子の方が多少このような傾向にあったそうな。

とすると、SNSの利用時間の変化を見て子どもの異変を調べてみるのはありでしょうね。

まとめ

教育に応用すると?

①SNSを利用しても人生の満足度は下がらない。

 

②上手くいかない事が続くとSNSの利用時間が増える傾向にある。

 

③この傾向は女の子に良く見られる。アンケートでSNSの利用時間を尋ねる項目を作っておくといいだろう。

 

最近だとスマホやSNSはそこまで悪くないって研究結果が増えてる感じがします。

まぁ、でもこれはあくまで心理面のお話で、睡眠時間が短くなるとか、姿勢が悪くなるといった健康面になると話が変わってきますが…

 

令和産まれの子は確実にスマホネイティブになりますから、スマホによる悪影響を受けにくくなるのかもですね。

 

って事で、SNSは人生の満足度を下げないよ!って話でしたー。

 

 

 

Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています

Background vector created by saragnzalez – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。