親御さん向け

妊娠中に食べると産まれてくる子の頭が良くなる食べ物とは?

「妊娠中にはこれを食べろ!」って研究が面白かったのでご紹介。

これは、バルセロナ国際健康研究所の研究で、2208組の母子ペアを調査したもの。

何を調べたかと言いますと、

  • 妊娠中にどれだけナッツを食べたか?
  • 産まれた子の認知機能

そもそも、ナッツは抗酸化作用(ざっくり言えば老化予防効果)が高く、体にいいと言われているんですな。

しかも、ナッツにはフラボノイドが大量に含まれています。こいつは脳の血の巡りを良くしてくれる効果があり、頭が良くなるとも言われております。

そこで、「妊娠中にナッツを食べれば赤ちゃんの認知機能も高くなるのでは?」と考えて、ナッツに絞って調べたそうな。

母親の食事は胎児に直接届きますから、それなりの影響がありそうですもんね。で、結果は、

  • 妊娠中にナッツを沢山食べると子どもの認知機能が高くなった!

 

生後18ヶ月、5年、8年後に子どもの認知機能をテストしたらしいんですけど、どれも成績が高かったそうな。認知機能の他にも、

  • 集中力
  • ワーキングメモリ(短期記憶)

も高く、全体的に頭が良くなってました。

どんなナッツをどれだけ食べればいいの?

この研究でカウントされたナッツは、

  • クルミ
  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ヘーゼルナッツ
  • 松の実

どれもスーパーに置いてありますから、比較的簡単に入手できそうっすね。

なら、どれだけ食べればいいのか?って問題ですけど、この研究では平均で週に30g摂取していたそうなんですな。

1日に換算すると4〜6g程度で、

  • クルミだと1粒
  • アーモンドだと4〜6粒
  • ピーナッツだと6〜10粒
  • ヘーゼルナッツだと2〜4粒
  • 松の実だと20〜30粒

になります。ただ、

より多くのナッツを消費すれば、利益がはるかに大きくなる可能性があると考えられる。

もっと食べてもいいのではないか?と。そんな訳で、別の研究を探してみたところ、2016年に「1日に摂るべきナッツの量はコレだ!」って研究がありました。この研究によると、

  • 1日に20〜28g食べるのがベスト!

という事で、可能であれば、

  • クルミ3〜5粒
  • アーモンド20〜28粒
  • 松の実100〜140粒
  • ヘーゼルナッツ13〜20粒

を食べるといいでしょう。ただ、この研究だとピーナッツだけ健康効果が無かったんですよね。なので、ピーナッツは避けた方がいいかもしれません。

まとめ

  • 妊娠中は小腹が空いたらナッツ!

にするのが吉、ということで。頭のいい子に産みたいなーって思う方は、積極的にナッツを食べてみてください!

 

って事で、1日に20gのナッツで生まれてくる子の頭が良くなるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

・Florence Gignac,Dora Romaguera,Silvia Fernández-Barrés,Claire Phillipat,Raquel Garcia Esteban,Mónica López-Vicente,Jesus Vioque,Ana Fernández-Somoano,Adonina Tardón,Carmen Iñiguez,Maria-Jose Lopez-Espinosa,Manoli García de la Hera,Pilar Amiano,Jesús Ibarluzea,Mònica Guxens,Jordi Sunyer and Jordi Julvez(2019).Maternal nut intake in pregnancy and child neuropsychological development up to 8 years old: a population-based cohort study in Spain.

 

・Dagfinn Aune,NaNa Keum, Edward Giovannucci, Lars T. Fadnes, Paolo Boffetta, Darren C. Greenwood, Serena Tonstad, Lars J. Vatten, Elio Riboli and Teresa Norat(2016).Nut consumption and risk of cardiovascular disease, total cancer, all-cause and cause-specific mortality: a systematic review and dose-response meta-analysis of prospective studies.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。