教師向け

生徒全員にパソコンやタブレットを配ると成績は上がるのか?

学校でタブレットを導入したり、パソコンを提供するようになってきましたよね。

それって効果あるの?ってところを調べた質の高い研究があったのでメモしておきます。

生徒全員にパソコンを配るとどうなる?

これはミシガン州立大学の研究で、生徒にラップトップを配る事による影響を調べた文献100個を分析したもの。

いわゆるメタ分析というやつで、信頼性はピカイチでございます。

で、早速大きな結論から申し上げますと、

  • ラップトップを配って、適切なサポートがあれば学力は上がる!

らしくて、ラップトップを配ると、国語・数学・理科といった科目の成績が上がるそうな。

研究者いわく、

テクノロジーは正しく実装されれば、生徒の学力を高め、活発な関わり合いと熱意を高め、教師と生徒の関係を改善し、21世紀に求められる能力や問題解決といったものを向上させるので、コストに見合った結果が見込める。

あくまで、ラップトップ+それを活用する教育プログラムがセットにならないと意味がないらしい。そりゃそうっすよね。

なので、

  1. カリキュラムの確立
  2. タブレットの導入

という手順を踏まないと、お金が無駄になっちゃうんですな。

まとめ

教育に応用すると?

①生徒全員にパソコンまたはタブレットを配ると成績は上がる。

 

②ただし、それらを使いこなすための手厚いサポートが必要。

 

③あと、質の高い教育プログラムが無いと意味がなくなる。

 

ただ、この研究では100個の文献を分析したところ、質の高い研究は10個しかなかったそうで、ラップトップを配って成績が上がる原因はよくわからないらしい。

裏を返せば、どこでICT教育が失敗するのかがわからないって事でもあります。

なんで上手くいかないのかよくわからん!状態になる可能性があるんですな。

まぁ、いい結果は出ていますし、ICT教育の波は避けられませんから、試行錯誤していくしかないですね……

 

って事で、パソコン・タブレットを導入するならちゃんとしたカリキュラムがないと意味ないよ!って話でしたー。

 

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Binbin Zheng, Mark Warschauer, Chin-Hsi Lin and Chi Chang(2016).Learning in One-to-One Laptop Environments: A Meta-Analysis and Research Synthesis.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。