役立つ知識

なぜ頭の良い人は疲れ知らずで長生きなのか?

心理学では、頭が良いと長生きしやすいって事がよく言われているんですよ。

  1. 頭が良いとリスクを正確に見積もる事ができる
  2. その為、健康に悪い行動や食べ物を避けるようになる
  3. 健康で長生き

頭が良いとあえて健康に悪い事に手を出さないんですな。

私は頭が良いわけではありませんが、論文を読むようになってから辞めた習慣とか避けるようになった食べ物とか結構ありますからね。

これは自然の流れなのではないかと思うわけです。

で、最近見た論文だと、「頭のいい人は細胞レベルで健康的!」って結論で面白かったです。

頭が良いとミトコンドリアが多い!

これはミズーリ大学の研究で、「何で知性と健康って関係があるの?」ってのを考察したんですな。

そしたら、ミトコンドリアが原因じゃないの?って結論になったらしい。

どう言う事かと言いますと、

  1. 頭が良いと運動するし、健康的な食事が増える
  2. これらはミトコンドリアの機能を高める働きがある
  3. だから健康で長生き!

 

ミトコンドリアは細胞内で私たちが日々生活する為のエネルギーを生産してくれるありがたーい存在。しかし、

ミトコンドリアは何度も何度も使用されていくうちに、次第に減ってしまう。

歳をとるにつれてミトコンドリアの数が減ってしまうんですな。こうなると、エネルギーの生産性が落ちてしまいますから、

  • 体力がなくなる
  • 疲れやすくなる
  • 寝ても疲れが取れない
  • やる気が出ない

って現象に陥る事に。どれも中年期から見られる事ですね。

どうすればミトコンドリアが減らなくなる?

ミトコンドリアを活性化させて減少を止めるには、

  • ポリフェノールを沢山摂る(ブルーベリー・ブロッコリー・ほうれん草等)
  • 運動

が一般的です。運動は早歩き程度でもOK。

もっとミトコンドリアを活性化させて元気になりたい!って方は少し辛いレベルの負荷で運動するといいです(限界の80%くらい)。

まとめ

という事で、頭の良い人が歳をとっても元気な理由は、

  • 健康な習慣のおかげでミトコンドリアが減らないから!

 

でした。頭の良さはあくまで相関でしかないので、誰でも運動と食事に気を使えば健康で長生きできますよねー。

中年期に入って体力が落ち始めてきたと感じる方は、ミトコンドリアを活性化させる方向で動いていきましょう。

 

って事で、頭の良い人はミトコンドリアを活性化させる習慣がありがち!って話でしたー。

 

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

David C. Geary(2019).The Spark of Life and the Unification of Intelligence, Health, and Aging

Business photo created by jcomp – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。