子どもの能力UP

ネットいじめに遭うと睡眠の質が低下する

いじめの形も年々変わってきていまして、近年だと、SNS上で悪口や誹謗・中傷を書き込んだりする「ネットいじめ」が増え始めているんですな。

文部科学省の調査によると、ネットいじめは1万779件確認されており、まだまだ氷山の一角とのこと。

「なら、ネットいじめに遭うとどうなのるの?」という研究がバッファロー大学から出てたのでご紹介。

ネットでいじめられるとどうなる?

この研究では、中高生801人に対してネットいじめに遭った経験とうつレベル、睡眠の質をオンライン上で調査したらしいんですな。

インターネットやソーシャルメディア上でのいじめは、普通のいじめとは違った独特な形態である。

いじめとは言っても、ネットだと勝手が違うんだ、と。確かに、匿名でいじめらるのと直接やられるのとでは心の持ちようが違いますもんね。匿名でいじめられるとみんな敵に見えてきますし……

で、どんな影響があったのかと言いますと、

  • ネットいじめに遭うとうつレベルが上がる(相関係数0.38)
  • 睡眠の質が下がる(相関係数0.1)
  • 睡眠不足のせいでうつになる(相関係数0.26)

睡眠との相関が低いですが、「あくまで間接的な影響だ!」との事。調査形式もオンライン上の自己申告制なので、厳密性にはやや欠けます。なので、細かい数値は変わってくるでしょう。

とは言え、「ネットいじめ」はうつレベルを上げて、睡眠に影響してくるみたいですな。

なぜネットいじめは睡眠に影響を及ぼすのか?

この研究だけでは詳しく事が言えないものの、過去の研究によると、

ネットいじめはこの2つを引き起こすからなのではないかと、ざっくり流れを説明すると、

  1. ネットいじめに遭う
  2. 今の子はストレスに晒されるとスマホを見がちになる
  3. スマホのブルーライトには覚醒作用があり、夜でも寝れなくなる
  4. 睡眠の質が下がる
  5. いじめ+質の低い睡眠のせいでうつレベルが上がる

現時点ではおそらくこんな流れかと。まだまだ不確定要素が多いので、これからの研究によって変わる可能性は大いにありますが…

まとめ

教育に応用すると?

①ネットいじめは間接的に睡眠に悪影響を及ぼす。

 

②今の学生はメンタルにダメージを受けると長時間スマホを見がち。

 

③いじめに遭ったら、まずはスマホを遠ざけるといいだろう。

寝ないとメンタルがリセットされませんから、悪循環からなかなか抜け出せなくなってしまうんですな…

「スマホ断ち」がキーワードになるかもしれませんね。

 

って事で、ネットいじめで睡眠の質が下がるかもだ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Misol Kwon, Young S Seo Suzanne S Dickerson, Eunhee Park and Jennifer A Livingston(2019).0802 Cyber Victimization and Depressive Symptoms: A Mediation Model Involving Sleep Quality.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。