役立つ知識

男女別シリアルキラーの犯行手口

「男と女で人の殺め方が違う」って研究が興味深かったのでメモしておきます。

 

これはペンシルベニア州立大学の研究で、「シリアルキラーの殺し方を分析したぞ!」というもの。

シリアルキラーとは、定期的に人を殺したくなる異常な心理的欲求に則り行動する人の事です。アメリカに多いイメージがありますが、日本でも最低20件は確認されているらしい(ソースはWikipediaです)。

で、どうやら人を殺めるのに快感を感じる人達には男女で殺し方の傾向が違っていたらしい。

この研究では、男女それぞれ55人のシリアルキラーのデータを分析したんですな。ざっくりと結果を書き出しますと、

  • 男性シリアルキラーは見ず知らずの人をターゲットにする(女性の6倍)
  • 女性シリアルキラーは知りいをターゲットにする(男性の2倍)
  • 男性シリアルキラーには犯罪を表すニックネームがつけられがち(〇〇クラッシャーとか)
  • 女性シリアルキラーには性別を表すニックネームがつけられがち(〇〇ウーマンとか)

 

『アメリカン・サイコ』や『悪の教典』は知り合いを殺める傾向にありますから、現実とはちょっと違うのか……

あ、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターもそうか。

じゃあ、一番現実を反映しているシリアルキラーは『メンタリスト』に出てくるレッド・ジョンなのか。

まとめ

教育とは特に関係のない研究でしたけど、無理矢理この研究を活かすなら、

  • 男は知らない人を攻撃しがち
  • 女は知り合いを攻撃しがち

って事ですかね。男だと知らない人をターゲットにしてカツアゲするけど、女は知り合いからカツアゲする、みたいな。

もし、海外で警察官になる予定のある方は、この研究を犯罪捜査に活かしてみてください(笑)

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Harrison, Marissa A.,Hughes, Susan M.,Gott and Adam Jordan(2019).Sex differences in serial killers.

Abstract photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。