役立つ知識

9・10月生まれは社長になりやすい

「キャリアで成功しやすい人の誕生日」って研究が面白かったのでご紹介。

これはブリティッシュコロンビア大学の研究で、500人のCEOと誕生日を調べたもの。

そしたら、CEOになりやすい誕生月が判明したそうな。

CEOに多かった誕生月は、

  • 3月・・・12.53%
  • 4月・・・10.67%

一方、CEOに少ない誕生月は、

  • 6月・・・6.13%
  • 7月・・・5.87%

約2倍差があったとの事。うーん、不思議。

なぜ6・7月生まれにはCEOが少ないの?

  • アメリカでは新学期が9月スタートだから!

です。研究者いわく、

同じ学年内の年長の子どもは、知性の発達が遅れてる最年少の子どもよりも学校生活が上手くいく傾向にあるのだろう。

さらに、

初期の優秀さは、教師からの好ましい評価に繋がり、それがその子にポジティブな影響を及ぼす。

早生まれはピグマリオン効果の恩恵を受けやすいんだ、と。

一方遅生まれは早生まれに比べて少しだけ知性が劣るため、できないレッテルを張られやすいのかも。

これを日本版にすると、9月、10月生まれがいいって事になりますな。

まとめ

とは言え、人生の成功には他の要素もありますから、生まれた月だけで全てが決まるわけではないでしょう。

あとは環境にも左右されるので、後からどうにでもなります。

教師なら遅生まれの子は勉強が苦手になりやすいって傾向だけおさえておくといいかもですねー。

 

って事で、早生まれはキャリアで成功しやすいかも!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Qianqian Du,Huasheng Gao and Maurice D.Levi(2012).The relative-age effect and career success: Evidence from corporate CEOs

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。