役立つ知識

シェア(共有)すると思い出が強く記憶に残る

SNSのお陰で「シェア」が簡単になりました。

いい事も悪い事も投稿して、誰かと気持ちを共有出来るんですな。

で、最近見た論文では「シェアは良くも悪くも思い出を強くするよ!」って内容で面白かったです。

シェアは経験を強める

これは2014年の研究で、23人の女子大生にペアになってチョコレートの試食をしてもらったんですな。その時、

  • ペアでチョコレートを味わったグループ
  • 雑誌を見ながらチョコレートを味わったグループ

に分けてチョコレートの風味を評価してもらったところ、

  • 誰かと一緒にチョコレートを味わったグループの方がチョコレートを美味しいと感じていた!

 

つまり、ポジティブな経験(今回では美味しいものを食べる)を誰かと共有すると、経験自体が強まり、満足しやすくなるんですな。

楽しかった事・嬉しかった事はガンガン友達と共有した方が良さそうっすねー。

 

なら、ネガティブな経験はどうか?と考えて、次はチョコレートが嫌いな人を集めて同様の実験をしたそうな。そしたら、

  • 共有したグループはチョコレートをより不味く感じていた!

らしいです。ネガティブな経験も共有すると強まっちゃうみたい。うーん、これは厄介…

人は会話しなくても共有する

この研究では、共有グループに見知らぬ人を一人入れて、黙ってチョコレートを食べた人も作ったそうな。

当然、初対面なので会話はほとんどなく、黙々とチョコレートを食べたんですよ。

で、会話しなければ共有効果は見られないかなーと思いきや、同様の傾向が見られたんだと。研究者いわく、

我々は、自分のことを知らない、そしてコミュニケーションさえしていない周りの人々によって無意識に影響されているのだ。

一緒の空間にいるだけでも経験の共有が行われているんだ、と。

これが楽しい事ならまだしも、知らない人と嫌な経験したら最悪ですね……

まとめ

教育に応用すると?

①経験のシェアは楽しさ・不快感全ての感覚を強める。

 

②楽しい事はながら行為をやめて全力で誰かと一緒に楽しもう!

 

③嫌な事は一人でするか、片手間にこなそう。

Ex:テレビを見ながら皿洗いをするとか

SNS上で楽しかった事を友達とシェアするのはいい事かもしれませんねー。

ながらスマホも使い方次第なので、

  • 楽しい時間はスマホは見ない
  • 嫌な時間はスマホを見る

という戦略を取っていきたいと思います(笑)

 

って事で、共有すると経験が強まるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Erica J. Boothby, Margaret S. Clark and John A. Bargh(2014).Shared Experiences Are Amplified.

Woman photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。