役立つ知識

もう悩まない!決断する時の恐怖心を取り去る方法とは?

  • 退職
  • 告白
  • 引っ越し

etc…決断するのって怖いじゃないですか。

さっさと決めて行動に移した方がいいのはわかっているけど、怖くていつもと同じ行動をしてしまいますよね。

今回は、「じゃあ、決断の何が怖いの?」って話でも。

人は「決断」の何に怯えているのか?

「退職したいけど、収入が無くなるのが怖い…」という大きなものから、「好きなアイスにコーンポタージュ味が出たそうだけど、上手いのか…?」みたいな小さなものまで。決断には大小ありますが、どんなものにでも人は不安を感じます。

「じゃあその不安の正体って何なのよ?」って事で、ロンドン大学らが2017年にこんな研究を発表しておりました。

この研究では、不安障害の人25人とそうでない人23人を3つのグループに分けたそうで、

  • 写真記憶をしてもらったグループ
  • ギャンブルしてもらったグループ
  • 写真記憶とギャンブルをしてもらったグループ

 

決断時に生じる不安の正体を突き止めようとしたんですな。そしたらこんな事が判明したらしく、

  • 不安障害の人もそうでない人も同じくらい「失う事」に対して不安を覚えていた!
  • 不安障害の人は特に「リスク」を怖がっていた!

 

人が「損失」に関して強い拒絶を感じるのは有名な話。1000円得って言うよりも、1000円損と言ったが買ってもらいやすくなるんですな。当ブログでも昔書いた事がありました。

研究者いわく、

この研究データによると、不安によって行動できないのは損失自体への嫌悪よりも、リスクを取ることへの嫌悪が原因である事を示唆している。

グラフで見るとこんな感じ↓

怖くてなかなか決断できない人は「リスク」に怯えているのかも。

まとめ

教育に応用すると?

①決断への恐怖には2週類ある。

  • 損失・・・今あるものを失うのが怖い
  • リスク・・・将来起こりうる危険や問題

 

②普通の人は「損失」が決断の足を引っ張るので、将来得られるものに注目すると決断が下せるようになる。

Ex:「退職したらストレスから解放されるし、むしろ今よりも働きやすい職場を見つけられる!」

 

③心配性の人は、「リスク」が決断の足を引っ張るので、準備や対策を入念に行い、失敗してもいいようにしておこう。

私は不安を感じやすいタイプの人間なので、リスクマネジメントに力を入れてますね。

ブログで言うと、「急な予定とかでブログの毎日投稿が途切れたらどうしよう…」ってのが心配の種ですから、常に一週間分のストックを確保するようにしています(笑)

ビッグ・ファイブで言うと、神経症的傾向が高い人なので、一度自分の性格を調べてみて、決断しやすくなるアプローチをとってみてください。

 

って事で、なかなか決断できない人ほど将来のリスクに怯えているのかも!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Caroline J. Charpentiera, Jessica Aylwarda, Jonathan P. Roisera and Oliver J. Robinson(2016).Enhanced Risk Aversion, But Not Loss Aversion, in Unmedicated Pathological Anxiety.

Summer photo created by yanalya – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。