親御さん向け

毎日学校に通う子は太る可能性が低い

最近、肥満に関する論文を結構読んでまして、その影響で肥満に関する記事をよく書いてます。

今回は、「学校に通うだけで肥満になる可能性が減らせるよ!」って研究でもご紹介。

学校に通うと痩せる

最近ケンブリッジ大学から出た論文によると、学校に通っていると太りにくくなるらしいんですな。

5歳〜11歳の子ども2171人のデータをもとに、学校での活動と肥満度を調べたそうな。

今回の研究では、BMI+体脂肪と筋肉量を元に肥満度を測定したんですね。

BMIだけだと筋肉量が多くても肥満認定されてしまうので、今回の測定方法は純粋な肥満を割り出すには最適と言えましょう。

で、結果はというと、

  • 学校に通うと肥満になる可能性が低くなる
  • 毎日学校で何らかのスポーツをするともっと低くなる!

まあそうだよねーって感じですが。少し面白い結果も出てまして、

  • 毎日スポーツしているとBMIの数値が上がる

何やら矛盾していますよね。毎日スポーツすれば太らなくなるのに、毎日スポーツしている子は肥満だったなんて。

こんな結果になったのも、先程述べたBMIの欠点のせいであります。

おさらいすると、BMIとは身長と体重で肥満度を測定する方法。これは大方正確なのですが、同時に体脂肪が少なくても筋肉量が多ければ肥満認定されてしまうんですよ。

当然、体脂肪の多い方が体に悪いです。ここでは踏み込んで書きませんが、脂肪は体内の炎症レベルを上げる(ざっくり言えば、体にダメージを与えるってこと)物質を分泌する事がわかっております。

なので、BMIだけでは健康状態の判断が難しいんですな。

私も筋トレを始めてから体重が7kg程増えましたけど、体脂肪は一切増えてませんからね。

まとめ

少し脱線したのでまとめておきますと、

我々の調査結果は、スポーツへの定期的な参加、特に学校への積極的な通学を促進することが、小児肥満の問題に対して有効な戦略であると示唆しています。

とりあえず毎日学校に通って、ついでにクラブ活動やら体育の時間で動けば太る可能性が減らせるんだ、と。

そういう意味では、体育やクラブって重要な役割を担ってますねー。

 

って事で、学校に通うと太りにくくなるよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Lander S. M. M. BoschEmail authorView ORCID ID profile, Jonathan C. K. Wells, Sooky Lum and Alice M. Reid(2019).Associations of extracurricular physical activity patterns and body composition components in a multi-ethnic population of UK children (the Size and Lung Function in Children study): a multilevel modelling analysis.

School photo created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。