親御さん向け

「健康の為に1日1万歩歩こう!」は嘘。実はもっと少なくてもいいって本当?!

健康を維持するのには運動が超大事。運動といっても様々ですが、一番はじめやすいのがウォーキングでしょう。

私の家の近くの公園でも、ご年配の夫婦が仲良く早歩きしている光景をよく目にします。

ウォーキングだと、「1日1万歩歩きましょう!」とよく言われますよね。テレビとかでも、「1万歩歩く人は長生き!1万歩目指しましょう!」みたいな事を言ってますし。

それって本当なの?ってところを調べた研究が出てたのでこのブログにメモしておきます。

本当に1日1万歩も歩かなきゃダメなの?

今回ご紹介するのは、ブリガムアンドウィメンズ病院、テネシー大学、東大の先生達が集まって調査した研究です。

平均年齢72歳の女性16741人が1日に歩いた歩数を一週間調べ、死亡率と照らし合わせたそうな。で、最終的にどんな事が判明したかと言いますと、

  • 平均値は5499歩だった
  • 1日に4400歩歩いた人は、2700歩の人に比べ、死亡率が41%低い
  • 1日の歩数が1000歩増えるごとに死亡率は15%下がる
  • しかし、7500歩を超えると健康効果は頭打ちになる

グラフにするとこんな感じです↓

研究者いわく、

1日あたりの歩数が増えるほど、死亡率は着実に減少します。この効果は7500歩で最大となり、それ以降は目立った効果が確認されなかった。

(中略)

今回の発見は、1日1万歩という大きな目標に挫折し、座りがちな生活を送る人々の励みとなるでしょう。

確かに、1万歩って気が遠くなりますわな。

1万歩歩かなきゃダメと思っていた人にとっては、気持ちが楽になったのではないかと。

ちなみに、歩くスピードや強度(坂道や階段)は関係なかったそうなので、シンプルに歩数を増せばいいみたい。

まとめ

教育に応用すると?

①1日1万歩歩くと健康にいいのは間違いないが、7500歩まで減らしてもOK。

 

②流石に、2000歩以下は健康に悪いので、もう少し歩いた方がいい。

 

③まずは、1日4000歩からはじめてみよう!

これは高齢の女性を対象にした研究なので、男性にどこまで適応できるかは不明。

男女で健康効果が違ってくるのはよくある話なので、男性はもう少し歩いた方がいいかも…?まぁでも、そこまで大きく違うって事はないと思いますので、まずは1日7500歩を目標に初めてみてはいかがでしょうか。

 

って事で、1日7500歩は歩こう!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

I-Min Lee, MBBS, Eric J. Shiroma, Masamitsu Kamada, David R. Bassett, Charles E. Matthews, Julie E. Buring(2019).Association of Step Volume and Intensity With All-Cause Mortality in Older Women.

Background photo created by schantalao – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。