親御さん向け

YouTubeでハウツー動画を見るほど能力が下がる

今月は【YouTubeの科学】と題しまして、YouTubeに関する研究を沢山取り上げていこうかと。実は扱って欲しいとの声を結構頂いていたんですな。

という事で、特設ページを作ったので目次としてお使い下さーい。

では、今回はYouTubeの人気コンテンツ「ハウツー動画」に関するお話でも。

ハウツー動画に潜む罠

「手品のやり方」・「トレーニングの方法」・「滑らないスピーチのコツ」とかとか。実践方法を解説する動画を見るって方も多いかと思われます。いわゆる、「ハウツー動画」っすね。

私も筋トレ系のハウツー動画をよく見ます(笑)

ただ、ちょっと注意して欲しい事がありましてね…シカゴ大学の研究を紹介させて下さい。

この研究では、6つの実験(総サンプル数2225人)を通して、ハウツー動画の影響を調べたんですな。

例えばこんな実験。参加者に「テーブルクロス」に関する情報を3つのパターンで与えました。

  • 文章でテーブルクロスのやり方を学んだグループ
  • 自分がテーブルクロスをしている情景を頭で想像してもらったグループ
  • テーブルクロスをしている動画(5秒)を20回見たグループ

そして、「テーブルクロスを成功させる自信はあります?」と質問したところ、

  • 文章・想像グループは自信レベルが低かった
  • しかし、動画を見たグループはなぜか自信満々だった
  • 動画の視聴回数が増えるほど自信レベルが上がる傾向にあった

動画を沢山見ると自分の能力を高く見積もってしまうみたい。

「自信がつくのは良いことじゃん!」と思うかもしれませんが、現実では自分の力量を正しく測れないと大失敗に繋がりかねませんから、ちょっと怖いですね。事故ったらシャレになりませんし…

実際の力量はどうだったのか?

別の実験では、上で紹介した実験をダーツ版で行い、ダーツをしてもらったんですね。

当然、動画グループは「ど真ん中に当てる自信」が高かった模様。そしたら結果が面白くて、

  • 動画を沢山見た人ほど成績が悪かった!

みなさん初挑戦ですから、文章を読もうとも、頭で想像しようとも、動画を見ようともダーツの上手さはさほど変わりませんでした(当たり前っすね)。

しかし、動画を20回見た人は、1回の人に比べて有意に下手だったんですよ。

こうなったら理由はよくわかりませんが、恐らく、

  • 自信過剰すぎて学習しようとしないから!

かと。初心者なら失敗すると、「次はもう少しこうしてみよう!」と修正しますよね。下手なのがわかっていますから、しっかりと反省できるわけです。

しかし、自信過剰だと、「こんなはずじゃないのに…」・「俺はもっと上手いはず!」と、失敗から学ぼうとしなくなります。

これは、「自分は〇〇の専門家だ!と思う人ほど頭が悪い」って話と似たようなもの。できると思った瞬間成長は止まるんですな。

ハウツー動画による自信過剰を避けるには?

ハウツー動画は為になるものの、見ると自信過剰になってスキルの向上に繋がらないかもしれないんだ、と。なら、どうすればいいのかと言うと、

  • 自分の能力の変化に意識を向ける!

です。ハウツー動画を見たら、実践し、その都度「前回に比べてどれだけ上手くできたか?」と考えると自信過剰を防げます。

もう少し具体的な例を「ダーツ」ですると、

  1. ハウツー動画を見て、上手い人のやり方をイメージ
  2. 実際にイメージの通り投げてみる
  3. 改善点を見つける
  4. 改善して試す
  5. 「さっきと比べてどうだったか?」と考える
  6. ③に戻って繰り返す

これが出来れば、ハウツー動画を上手く活用できるかと思われます。

まとめ

教育に応用すると?

①ハウツー動画を見るほど、自分の能力を過信するようになるし、むしろ下手になる。

 

②ハウツーコレクターになると自信だけあって能力のない残念な人になってしまう。しかも、成長しない。

 

③ハウツー動画を見たらすぐに実践。その都度修正し、自分の能力の変化に気づこう!

おそらくハウツー本でも同じような影響があるかと…ただ、動画だとリアリティがある分、自信過剰になりやすいのかもしれませんな。

ハウツー動画をご視聴の際にはくれぐれもご注意くださいませ。

教師なら、実技の際に手本を見せるのは1、2回にして、後は実践させながら学習してもらうのがよろしいかと思われます。

 

って事で、ハウツー動画を見るほど自信だけあって能力の無い残念な人になってしまうよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Michael Kardas, Ed O’Brien(2018).Easier Seen Than Done: Merely Watching Others Perform Can Foster an Illusion of Skill Acquisition.

Design vector created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。