親御さん向け

スポーツ系の習い事や部活動に参加している子はメンタルが健全

最近よく見られているのがこの記事↓

やるスポーツで頭の良さが変わるのではないか?って研究を紹介したんですな。今回は、「メンタル」について触れてみようかと。

心のトラブルを減らすスポーツとは?

という事で、ご紹介したいのがモントリオール大学の研究です。

6〜10歳の子ども1492人を対象に、

  • スポーツをする頻度
  • どんなスポーツをしているのか
  • メンタル面(不安・感情の安定性・社会性などなど)

を調査しました。運動系の部活に所属していた人って社会でも上手く立ち振る舞えそうなイメージですよね。果たしてその真意は……

 

  • 組織的なスポーツをしていた子ほど、メンタルに問題を抱えにくい!
  • 6〜10歳の時期に、なんらかのスポーツを続けていると、12歳の時点でメンタルが健全だった!

 

ここで言う組織的なスポーツってのは、サッカーや野球のような集団スポーツだけではなく、コーチやインストラクターと一緒に練習するもの全てを指しています。

つまり、練習中に他の人と交流の機会が多ければどんなスポーツでもOK。

ポイントは「組織化」でして、何らかの団体に所属して、その中でスポーツをするってのが重要なんですな。なので、公園で親とサッカーの練習をするのはメンタルの改善には効果がないかも…

運動をするならスポーツクラブか部活動に所属するのがよろしいかと。

組織化されたスポーツをしないとどうなる?

組織的なスポーツへの参加頻度が少ないと、

  • 不安症になりやすい(相関関係0.61)
  • 恥ずかしがり屋になる(0.92)
  • 人と関わろうとしなくなる(0.86)
  • 精神的苦痛が酷くなる(0.87)

参加頻度が少ないっていっても、1、2回しかした事がない子なので、クラブが週に一回だからダメって事はありませんので(多いに越した事はありませんが…)。

文化系の習い事や部活動じゃダメなの?

おそらく、「文化系の習い事や部活動じゃダメですか?」って質問が来ると思ったので、先に回答しておくと、ベストではないけど、ベターって感じです。

特に心身の発達の途中である時期では、運動をした方が身体が丈夫になりますし、頭もよくなります。

普段から運動している子の方が地頭がいいってのは有名で、「部活動をやめた途端偏差値が急激に上がった!」と言う現象は教師ならよく目にする光景かと思われます。

当ブログでも「「運動神経がいい男の子は頭がいい!」東フィンランド大学の研究」って話をしたことがありました。

なので、習い事や部活動に関しては、スポーツがベストかなーという印象。

しかし、「他人との交流」が重要なのも事実。何らかの集団に所属すると自尊心が高くなるって話もあるので、文化系であろうとグループに所属しないよりはマシです。

むしろ、今やプログラミングスクールや、英会話スクールなどが増えてきており、知識社会の現代ではそちらに所属した方が将来的なメリットがデカイかもしれません。

それに、その子の「個性」もありますから、一概に「スポーツしろ!」とは言えないですね……それでも「運動」には頭をよくするご利益がありますので、ウォーキング程度でもできるだけ体は動かしておきたいところです。

まとめ

教育に応用すると?

①スポーツクラブや部活動に所属している子は、精神的な問題を抱えにくい。

 

②その為、学業や友人関係といったあらゆる困難に屈する事なく乗り越えれるようになる。

 

③参加頻度が多ければ多いほどイイ!5歳くらいから、何らかのスポーツクラブに参加させるのが吉。

という事でまとめると、

  • スポーツでも文化系でもなんらかの組織に所属する
  • 文化系なら運動を心がける

ですね。参考になれば幸いです。

 

って事で、スポーツクラブや部活動に所属している子はメンタルに問題を抱えにくいよ!って話でしたー。

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Frédéric N. Brière, Arianne Imbeault, Gary S. Goldfield & Linda S. Pagani(2019).Consistent participation in organized physical activity predicts emotional adjustment in children.

Logo vector created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。