役立つ知識

睡眠不足になると避妊具を使用しない危険な性行為が2倍に増える

睡眠不足が良くないは当たり前の話で、十分に足りていないと、問題行動が増えたり成績が落ちたりするんですな。

最近見た論文では、「性的な問題が増えるかも!」って内容で驚きました。

睡眠不足になると危険な性行為をするようになる?!

ネタ元はランド研究所の調査で、平均年齢16.1歳の子ども1850人の睡眠パターンと性行為を調べたそうな。

しかも、年に一回の調査を4年間行い、そこそこ入念にチェックしています。で、まず一連の調査から判明した事実を申し上げますと、

  • 不規則な睡眠をとっていた子は、危険な性行為に及ぶ可能性が1.6〜2倍高かった!

ここで言う危険な性行為とは、

  • アルコールを飲みながら
  • ドラッグをやりながら
  • 避妊具を使用しない

を指しています。どれもトラブルになりそうなものばかりですな…日本だとドラッグは少ないかもですが、アルコールと避妊具の不使用はありえますよね。

どうやら、睡眠不足になると危険な行動をとりがちになるらしい。脳が十分に働いていないので、リスクを正しく見積もれなくなるんですな。

にしても、睡眠不足がここまで厄介とは…

どこからが睡眠不足なのか?

この研究の調査だと、

  • 平日の睡眠時間が6時間21分以下だと危険!

でした。なので、最低この時間は下回らないように促したいところ。

高校生だと遠くから通う子が増えるので、そんな子が夜更かししたら簡単にこの時間を下回りますね…

あと、睡眠の不規則性もよくないので、いくら8時間寝たとしても前日5時間で、その前は6時間みたいにバラバラなのも避けたいです。

「何時に寝て何時に起きる」という基本的なルールは、最優先で守るべき事と言えるでしょう。

まとめ

教育に応用すると?

①不規則な睡眠習慣の子は、避妊具を使用しないといった、危険な性行為に及ぶ可能性が最大で2倍高くなる。

 

②最低でも毎日6時間30分以上は寝てもらうように促そう。

 

③規則正しい睡眠習慣の確立こそ、トラブルを回避する最善策。

子どもの睡眠時間に関しては、過去にガイドラインを紹介していますので、こちらを参考にしてくださいませ。

学校が取れる対策としては、

の3つが考えられますが、現実的なのは「昼寝」かと。

 

って事で、睡眠不足になると危険な性行為におよびやすくなるよ!って話でしたー

 

 

あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい!

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Troxel, Wendy M.,Rodriguez, Anthony,Seelam, Rachana,Tucker, Joan S.,Shih, Regina A.,D’Amico and Elizabeth J(2019).Associations of longitudinal sleep trajectories with risky sexual behavior during late adolescence.

Background photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。