役立つ知識

グループワークは人の知性を15%下げてしまう

どんな人向け?
  • 女性
解決される問題
  • 話し合いの無駄
読むとどうなる?
  • 生産的な話し合いができる

学校教育でグループワークが重要視されているので、当ブログでも色々書いてましてね(これは仕事にも適応できます)。

というのも、現代では情報が無限に溢れ出てくるもんですから、一人では太刀打ちできないよなぁと。

そこでグループワークを成功させる方法について調べていたところ、「グループワークって人をバカにするんじゃないの?」って研究を見つけたのでご紹介しますね。

グループワークで15%も知性が落ちる

ネタ元は2012年にバージニア工科大学から出た論文で、67人の参加者にIQテストを受けてもらったのち、5人1組で再度IQテストに取り組んでもらったそうな。そしたら、

  • IQが平均で15%下がった!
  • 特に女性が影響をうけていた!

あらら…本当は賢いのにもかかわらず、集団になると頭が悪くなってしまうんだ、と。

女性の方が賢いですし、

正しい選択もできます。

この強みがグループワークになるとなくなってしまうかもしれません…

頭が悪くなってしまう原因としては、

  • メンバーの言動に気を配るようになるから!

との事。特に女性は集団の輪を重視するため、そこに脳のリソースが注がれ、問題解決能力が下がってしまうらしい。

うーん、もったいない…女性でなくても、気を遣いがちな人はグループワークでアホになってしまうのかもですね。

まとめ

教育に応用すると?

①グループで問題を解決しようとすると、相手に気を遣って頭が悪くなる。

 

②なので、一旦一人で解決策を考えてもらい、グループでベストな案を話し合うようにするべき。

 

③話合わせればいいというわけではない。グループワークが成功するのは、一人一人の意見が固まっている時だけ。

「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、頭のいい人は当てはまらないのかも。

女性の皆様は、他人の意見などどうでもいい!というマインドを持つか、以下の記事を参考にしてみてくださいませ。

 

って事で、集団になると頭が悪くなるかもだ!って話でしたー。

 

 

Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています

Background vector created by freepik – www.freepik.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。